働く人のための心の相談室、相談は人生の特効薬!

心理的な問題や悩みを援助して欲しい方、
相談や性格検査【心理検査】を受けたい方はご予約ください。



 出口が見えずに苦しんでいるあなたへ
 
これまで、あなたは「今までの方法、今までの目標」で長い間努力してきた。
そして、変わらなかった。変わらない時期が長い。
何かしなければならない、あなたはそう思っている。
これまでの方法では、根本的にダメかもしれない、そう感じている。
ならば、今、勇気をもって変えてみる時期ではないだろうか。
あなたの心の状態は、「変えられるもの」なのだから。


ほとんどの悩みは乗り越えられるものです


 
もっと早く話していればよかった。 やっと自分らしくなりました。

 
 積極的に立ち向かう


人生には、自分では対処できない問題が何度か起きるものです。

そんなとき、誰かに聞いて欲しい、アドバイスが欲しいと、痛切に感じます。

しかし、多くの人は、そこでふと立ち止まってしまいます。

相談したいのだけれども、その相手がいなかったり、いても本当にその人に相談してよいものかどうか、迷ってしまうものです。

誰にでも話してよいものだったら、事は簡単です。話しさえすれば気持ちが晴れたり、落ち着いたりするような問題でも同じです。

その程度の問題は、もともと自分ひとりでも十分に解決できることができる、あえて相談する必要のない問題であるからです。

しかし、本当に困ったときは、そうはいきません。

自分ひとりではどうしても解決策が見つけられないときは、誰かにすがりつきたい、心からそう思うものです。

だからこそ、その相談は、誰でもいいというものではなくなるのです。

それに、相談するときは、どうしてもありのままの自分をさらけ出すことになります。

隠したいところを隠していては、正確に状況を伝えることができないからです。

そのこともまた、相談相手の候補を減らす原因になります。そんなことが重なって、どうしたものかと、あれこれちゅうちょしているうちに、問題はだんだん大きくなっていきます。

そこで、ついに相談相手を見つけるのが面倒になり、自信はなくても、結局は自分で考えて決めてしまったりします。

命の次に大事なことは、相談できる人を持つことである。

「相談」、私たちは、何気なくこの言葉を使いますが、この「相談」という言葉には、人生の全てが変ってしまうほどの重さが含まれているのです。

ツキは人からもらうもの。運は自分でつかむもの。ツキは誰でもが持っています。

運は生き方で変ります。笑顔に触れると、心は和みます。

そんな人との語り合いは生きるエネルギーが湧いてきます。

明るい人と出会うと、悲しみが半分になります。誠実な人との関係は信頼という絆を築いてくれます。

健康な人からは、毎日の生き方を教えられます。素直な人とのふれあいは、「信じる」ことの大切さを学びます。

積極的な人は、目的のある生き方の強さを身に付けさせてくれます。向上心のある人は、続けることが宝であることを気づかせてくれます。

やさしい人は、自分を守り、他人を保護する大切さを教えてくれます。こうした人との出会いは、無知なる者を叡知ある人間に育ててくれます。

人は多くの悩みを持ちますが、その悩みのほとんどは、実はその人が絶えられるように与えられているのです。

なぜなら、その悩みの根源は、自分自身で作ったものにほかならないからです。

自分を粗末にしている人は、現実からも逃げています。

何か悪いことが起こると「悪いのはあの人で、私ではない」「あんなことが起きなければ」と他人や環境のせいにします。そうして、苦しさから逃れるのです。

悩みの解決を避けている人は、いつかはどうにもならない状況に、自らを追い込んでしまいます。

その逆に、悩みに積極的に立ち向かって行く人は、どんな激しい状況に置かれていても、いつのまにかしっかりと未知を切り拓いてしまいます。

「悩みを克服することによって、人も強くなり、真実の姿をも見られる」と言われているのは、そのことです。

自分の考えをしっかりと整理し、具体的にはどうしたいかを決めないかぎり、大きな悩みが小さくなることはありません。

悩みというものは放っておけば、いつかなくなってしまうというものではありません。

大きな悩みには、積極的に立ち向かうしかないのです。そうしないかぎり、悩みから抜け出すことはできないということに、一刻も早く気づくべきです。


悩みはすべての人が抱え、生きている限り絶えず続くものです。しかし、その悩みによって人は成長し、生きる喜びを感じるのです。

悩みは自己認識を深めるまたとない機会でもあります。

自分だけに通用する世界観で、独善的、利己的に悩みに対処すると、かえって悩みを大きくしてしまうことがあります。

そのような人は問題が起きると、精神的に参ってしまうのです。


「できない」ではなく「やってみよう」


困難や問題に直面したとき、「私はできない」と思ってしまえば、もうそれでおしまいです。

しかし、その時に「私はやってみる」と、とにかく言ってみると、弱い心を打ち消すことができます。

やり続ける可能性も出てきます。

ですから、困難や問題に直面した時は、まずもって「私はやってみる」と思うことです

それが、困難や問題に直面したときの一つの知恵です。

自分の失敗や自信のなさを、「できない」とか「やれません」などの否定的な言葉で逃げないことです。

体面を重んじて、自分のできないことを正当化する言い訳は、一時の気やすめにすぎません。

不安や恐れから、自分を小さな世界に押し込めていくと、成熟した大人になる機会を失います。

人生の困難に立ち向かい、悩みや苦しみを解決することにより、人間的に成長し、立派な大人になるのです。

そのような観点から問題に立ち向かわなければ、間違った選択をすることになります。

「適齢期」を気にして、誰でもいいからと、結婚してしまうなどというのも、そのような間違いの一つです。

学校の推薦という楽な方法で、就職を選ぶことも同じです。理想とする企業、自分の夢を叶えてくれる会社に就職したいという、はっきりとした目的をもっていないと、いつしか人生の目的そのものを失うことになってしまいます。

「これでいいのだろうか」という疑念がわいたり「少し不安」だと思ったときは、親しい人と話すことです

話すことで不安が解消したり、苦労話を聞くことで勇気が出るものです。このように相談の中には、語らいというコミュニケーションもあるからです。


自我を捨てることで光を見い出す


苦しみに打ちひしがれている人の多くは、「私は、やっぱり駄目だわ」「どうせ、こんな私なんだから」と、さかんに自分を責めています。

深い苦しみに苦しんでいる人は、「どうして自分ばかりが、こんなつらいことを背負わされるのだろう」と、一生懸命に自分を追いつめています。

なぜ、そのようなことをするのでしょうか。

悩みの原因が、自分でもはっきりわからないからではないでしょうか

自分を責める人は、自分に自信がない人です

自分に自信のない人はどれほど苦しんでいても、悩みの解決に至る有効な行動をしていないものです。

あれこれ考えて、言葉で酔いしれて、実際にはじっとしているのです。

大切なことは、事が起きたとき、「なぜ、そうなったのか」「どうしてこのような結果になったのか」と、真剣に、現実的に考えることです

失敗しても、いつも前向きに生きている人は、自我の確立ができた立派な人なのです。

そういう人は、失敗をしたときに、その原因を冷静に追求し、突き止めてしまいます。

そうして、的確な解決策を考え、努力を重ねます。

いつも過去に執着している人は、解決する能力が備わっていません。

「もし、・・・・だったら」と、いつも過去に未練を残しているから、前に進めないのです。

大きく羽ばたくには、過去に未練や執着を残さないことです。

迷いはこうした執着や未練が生み出すのです。

大事なことは「起きてしまったこと」を認めることです

認めることで、もう解決の道に向かっているのです。

認めるとは、事実を受け入れることです。

そうすることで、いままでの自分の行動が明確に見えてきます。


「どうしても」という目的にしがみつかない


極度の優越感や虚栄心は、おのずから悩みを作っているようなものです。

こういう悩みは、偶発的に起きるものではなく、本能が作っています。

このような悩みは、たとえ誰かに相談しても、決して解決するものではありません。

なぜなら、目的が優越感をもたらすためのものであるからです

「もっと大きな仕事をして驚かせたい」と見栄を張ろうとしているからです。

「あれもこれも欲しい」という欲が動機だからです。

「どうしてもあの人が許せない」という憎しみの感情だからです。

「どうしても」には現実をゆがめて自分の思いどうりに作り上げようとする傲慢さがあります。

このようなことは他人には相談できません。

自分を満足させるためだけの人生は、生きることをますます苦しくさせてしまいます。

だから、「私のものは、私がいっさい身についている」と、自分自身を戒めたなければいけません。

幸福は、自分が満足したときに感じるものです。

今の本質がなんであるか、何のための苦しみであるか、もう一度考えることです


相談の目的

 



カウンセリングに対して多くの人が関心を寄せているにも関わらず、それがどんなことなのか理解している人は少ないでしょう。

多くの人は、心の問題について相談すれば、すぐさまカウンセラーから最良の答えが返ってくると思っていないだろうか。

カウンセリングとはそのような性格のものではない。

相談者に合せた個別的な援助である。

一般に、産業カウンセラーとか、何々カウンセラーという言葉が用いられていますが、大体、カウンセラーと言った場合、心理相談を行うものとされている。

カウンセラー(相談員)とクライエント(依頼者)によってカウンセリング(相談)が行われることになる。

問題の課題はカウンセラーの自体の主体、目的である。

カウンセラーの主目的は「人間の理解」というところにある。

現代社会のストレスから諸問題は多くあり、心理的重圧を持った人から心の問題に対する種々の状況を聞くだけで、その人のストレスが解消できればそのカウンセリングは成功したことになる。

その時のカウンセラーはカウンセラーとして成り立つものである。

あらゆる場面に直面し、それに即応して問題を処理できる者が、基礎知識としての共通する理論とか体系というものを持たない者の中にどれほど多く存在するかということになると、はなはだ疑わしいものであり、基礎的理論や体系の重要さが計り知れないことが分かってくる。

ここに注目しなければならない。それはカウンセラーに要求されるところの豊富な経験という問題である。

心豊かに生きるとはどんなことか、精神的に充実した生き方、心理的自律とはどんなことかについて、カウンセリング(相談)を通じて考えていただきたいと思います。

カウンセリングは心理的な問題や悩み、症状などを解決するための援助方法と考えられているが、同時に心の健康を維持し、増進するための知恵を提供することにある。

自己理解、他者理解を深め、自分の問題をより深く考え、問題を解決することに取り組む場所である。

最終的にその問題に関する結論を出させることにある。



相談したい問題の対象
 
 
うつ的思考(認知のゆがみ)
 自分の責任
 自分はダメ
 自分には能力がない
 自分は何もできない
 自分は頑張っていない
 愛されていない
 嫌われている
 自分は完璧じゃない
 人が怖い
 叱られる、責められる
 悪いことばかり起こる

うつ的思考
自分を責め
る思考や自
信のなさが
しみつく
 
 
 社会は危険
 自分は悪くない
 自分は攻撃されてはな
らない
 自分を大切にされなく
てはならない
 正義は勝たなくてはな
らない
 努力は認めなければい
けない
 誰も助けてくれない
 見捨てられている
 
 
あなたが今悩んでいる困り事はどんなことですか?

・自分を思うようにコントロールできず、何事も長続きしない。

マイナス思考で何をしても気が乗らない。
いつ人にあがりや震えの弱点がばれるか心配でたまらない。
会話が途切れたときに、どう話を続ければいいのか分からない。
あがり症のせいで人から高く評価されず、職場内での立場がひどく不利になっている。


・自分の短所が気になって、思うように人と付き合うことができない。

他人の視線が気になって、態度が不自然になってしまう。
人の輪の中に入っていけない。
無理せず、楽に、自信を持って相手の目を見ることができない。
職場で今まで避けてきたのに、人前での発言、発表をせざるを得ない立場になってしまった。


・人前で緊張して赤面したり、こわばったり、発汗してして思うように話せない。

ある人の前であがったり緊張したりする。いたたまれなくなる。
どうしても顔がこわばってしまう。
人前での発言の時、動悸が爆発し、呼吸も乱れ、平常心がなくなる。
人から見られていると思うとガチガチに緊張して力が発揮できない。

会議や大勢の前で発言するとき、どきどきして声が上ずり、何を言っているのかわからない。

・現状の打開策を考えているが、これだという方法が見つからない。

考えているように行動に移せない。
ビジネスや社交上で、初体面の人とうまく会話を始められない。
どんなに心を落ち着けようとしても、反射的に過緊張症が出てしまう。
人にどう思われているか、変に思われてないかと異常に気になる。


・毎日が惰性に流されてしまっている。

こんな自分が情けない。
相手の話を聴いているのに、「人の話を聴いていない」と言われる。
人間関係がまずく、人に気後れし、劣等感を感じている。
人間関係の中で主体性を保てない。


・ストレスが原因なのか、体調が思わしくない。

不安や恐怖に立ち向かえる、精神面の強化ができない。
コミュニケーション能力がなく会話の輪に入れない、入っても場を白けさせてしまう。
あがり症のせいで人から高く評価されず、職場内での立場がひどく不利になっている。


・ストレスマネージメントしていく方法が知りたい。

自分を変えることができない。どう変えてよいかわからない。
上司との人間関係がまずくストレスを強く感じる。
人からプライドを維持できないショックな言動を言われ、悩み傷つきやすい。
どんなに心を落ち着けようとしても、反射的に過緊張症が出てしまう。

 
身体の不調には背景にある「心の問題」 がある 
 悲しみ・うつ状態、生きることへの疲労感
 生きている価値観がない、生きることにふさわしくない
 生きることへの否定、変化するより死んだ方がまし
 自責の念を作り上げる
 恨みを建設中の状態
 こうだったらか良かったのにと憧れる
 お金や地位の為に人間的な喜びを排除しようとしている
 心が堅い状態
 物質重視の状態
 未解決で慢性的な不完了な感情がある
 コミュニケーションに対しての苦痛
 罪悪感への罪
 解消されていない敵意
 感情的に噴火したいが抑えている状態
 両親の頑固な怒り
 重要な決断を恐れている状態
 将来が見えていない
 

心のしくみを理解すると人の気持ちが見えてくるメソッド 

 
心のふれあいを感じていますか?

最近は言葉のコミュニケーションが苦手という人が多くなってきました。

自分では喜んで話しているつもりでも、相手にはつまらなそうに取られてしまう人がいます。

励ましているつもりが、叱っていると思われてしまう人もいます。どうして、そんなふうになってしまうでしょうか。

それは、どこかに相手を見る心の余裕がないからです。

寂しい、寂しと言って、相手との心のふれあいが感じられないのは、自分のことしか考えていないからです。

自分にしか心を向けていないからです。

たとえば、「このリンゴおいしいね」と話かけられて、「それは青森のリンゴだからよ」「おいしいはずよ。千円もするんですもの」といった一言で片づけてはいませんか。

これでは会話は続きません。

「このリンゴおいしいね」という言葉は、心のふれあいを持とうとした相手の働きかけです。

相手はリンゴを介在して、あなたとの心のふれあいを求めたのです。

それをあなたは、たった一言で放棄してしまったのです。

「このリンゴおいしいね」と言われたら、「本当においしいね」と、同意を示す。「そう言ってもらえて、うれしいわ」と、喜びを表す。

たったそれだけで、相手はあなたとの対話に安心感と安らぎを感じ、それがいつしか心を許し、開くのです。

喜びを共有するやさしさが大事です。

心の状態を変えることで心の問題の改善は期待できます。

自分をコントロールするというコツをマスターすると誰でもできることなのです。

重要なことは、自分の心の状態に気づき、間違った思い込みや言葉の使い方を変化させましょう。


心の悩み、不安や心配事などについて、問題を解決できるように援助するとともに、健康増進ができるようにお手伝いいたします。


仕事の悩み(ストレス、人間関係 )
緊張(手の震え 、吃音 ) 
精神不安(いらいら 、ゆううつ感、無気力 ) 
体の不調(自律神経失調) 
性格診断および性格改善



心理(対面)相談、心理検査を行っています。

心理検査では、性格・能力の理解のための性格検査を目的に応じて実施しています。

激動する世界情勢、不透明な社会情勢、厳しい経済環境の中にある私たちは、ストレスの波に見舞われています。

めまぐるしい環境の中にあっては自分を見失ったり、精いっぱいの努力をしても自分の力ではどうにもならない壁を意識したとき、そのストレスはますます強くなってきています。

企業は生き残りをかけて必死に戦っています。その戦いは激しいほど、そこに働く人たちのストレスは高まるばかりです。

あなたはそれに貢献しているという自信を持っていますか?
つまり、十分な脳力を発揮していると確信していますか?
また、その脳力を他人が認めてくれていますか?


昇進し、絶えず人々の注目や関心を集めている人は毎日元気に仕事をしているでしょう。

その反対に、脳力を無視されたり関心をもたれていない人は、生気を失い、仕事への意欲をなくしてしまいます。

環境の変化は、人の心に大きな影響を与えます。同時に、変化のなさ過ぎも心を傷つけてしまいます。

このような影響については、従来あまり重要視されてきませんでした。精神論で片づけられてきた疑いがあります。

しかし、幸いなことに近年メンタルヘルスの関心が高まってきました。

科学的な分析と対応についてアプローチが行われています。ですが、これは他人任せにできる問題ではありません。

心の健康は、自分自身でコントロールしなければなりません。

心の健康のあり方については、自分自身で認識し、自己診断し、対応の仕方(スキル)を決めなければなりません。

もしあなたがストレスに悩んでいるのであれば、まず、その原因の究明から始めなければなりません。

原因がはっきりすれば、その対応法も見つけ出すのは難しいことではありません。

現代生活ではストレスは避けることのできないものです。その意味では、ストレスを撲滅しようと力むのではなく、仲良く付き合っていくのが賢明でしょう。

ストレスと共存し、それの持つ力を上手に利用していくことが利口なやり方です。

人間の社会でのストレスは、物理現象のひとつとしてのストレスとよく似た点もありますが、まったく同一ではありません。

物理的な刺激ばかりではなく、精神的な刺激があり、むしろこの方が強く作用しています。

ある限界内で引っ張っている限りでは、刺激をなくせば歪みは元通りになります。

大きな力で引っ張ったり、小さな力で長時間継続しますと、歪みは固定化して元に戻らなくなってしまいます。そして破裂してしまいます。

かつて航空機の大惨事を引き起こした「金属疲労」も、その現象の一つです。

人は外部からの刺激と内部からの刺激によって変化を起こします。それが歪みであり、ストレスなのです。といってもこの変化は必ずしも悪いものばかりではありません。

刺激に反応するからこそ、環境に適応できるのです。危険から逃れることもできるし、目標達成のための選択も可能となるのです。

生体には、あらゆる環境に対して一定の均衡状態を保とうとする機能があります。それをホメオスタシス(生体恒常性)ともいわれ、体を一定の状態に保つはたらきのことです。



あなたは大丈夫? ストレス社会と心の病


 <性格検査 ・ 心理検査を実施されたい方へ>


心理テストは行動の観察や面接の中では十分に把握することのできない、困難な心理のいくつかの側面を比較的短時間で示してくれます。

客観性のある結果が得られます。

心理検査「YG性格検査」「レジリエンス検査」を実施されたい方はご相談ください。

今の自分の心の心理状態について知りたい。自分の性格について知りたい。

そんなとき、心理検査が手掛かりになるかもしれません。

YG性格検査は性格をプロフィール化(グラフ化)することにより、特性を12尺度に分類し、それを因子別、類型別に個人の性格特徴を視覚的に把握することができます。

カウンセリングをより有効に行うためにクライアントがどのような状態にあるかを理解したり、判断をするための情報を得ることができます。

基本性格(類型別の基本的な行動傾向)、性格上の問題発見(極端な性格の偏り)、自我の機能分析。

レジリエンス検査はストレスからの立ち直りを知る検査です。

周囲からの支援や協調度合い、自己問題の解決の程度、協調性の度合い。実際の行動、実践と考えがどのような傾向を示しているか知ることができます。

心理相談と性格検査をする場合は、別途検査用紙代金だけで実施することができます。

YG性格検査用紙代金@237円、レジリエンス検査用紙代金@216円です。

性格検査をしている時間は、心理相談の時間に含まれません。

検査終了後、心理相談を行います。

その中で、YG性格検査の類型判定、因子水準による診断を報告いたします。

レジリエンス判定では、自己の問題解決、実際の行動、実践と自分の考え方を知ることができます。


YG性格検査のすすめ


 相談事が下手な人


人に話をするときは、自分の中である程度、内容を整理してからするものです。それがうまくできない人は、相談事も下手な人です。

どうにかして、この不名誉なことから自分を守る方法はないかと考えたりします。

この場合、何らかの自分を守るかというと、「どうしたら、なめられないで済むだろうか。

どうしたら、うまく相手に弱みを見せずに自分を守れるだろうか、という他人の目です。

また、相談をしたことで、事態を悪化させる人がいます。

その原因は、起きた問題を現実として受け止めないからです。

「運が悪かった」「相手が悪かった」と、自分の都合のいいように捉えてしまうからです。

大人が負わなければならない社会的責任から逃げる人は、自分からも逃げています。

自分には責任がないと思うことが、ものの見方や判断を鈍らせているのです。

仕事のできない理由を家族のせいにする。仕事の失敗を上司のせいにして回避しようとする。

結婚できないことを親のせいにする。そのような人は、よい相談相手に恵まれて、的確なアドバイスを得ても、それを無駄にしてしまう人です。

だから、悩みから逃げるべきではないというのが結論になるわけですが、逃げているという自覚のない「逃げ」もあるので、このことはけっこう厄介なのです。

逃げるとは、普通は逃げる行為を指します。

怖いものがあっても襲ってきたとき、逃げるというようなことが、一般的です。

しかし、実際にはそのような行為だけが「逃げ」ではありません。

相手に多くのものを求めることも、「逃げ」なのです。

精神的に「逃げて」いることなのです。

なぜ、相手に多くのものを求めることが精神的な「逃げ」になるのかというと、それは結果的に相手に責任を負わせることになるからです。


同じ失敗をしてしまうのは、なぜ?


 悩みの原因は自分にあることの自覚


悩みを解決するのは「お金」や「地位」や「力」ではありません。

とかくお金がればこの悩みは解決できると思いがちですがそのようなことはありません。

なぜならば、悩みというのは、もっと深いところにあります。

たとえば、「生活に必要なお金がないから、いつも不幸なのだと」と決めつけている人がいるとします。

では、今より少しお金があればこの人は幸せになれるのでしょうか?

考えてみてください。おそらくそのようなことはないでしょう。

これだけ増えたけれども、まだ足りない。お金がもっとたくさんあれば、もっと幸せになれるのに、そう思うだけです。

「お金がないから不幸だといっても、本当に貧乏で生活が苦しい人もあれば、お金があっても不満な人もいるのです。

問題はお金ではなく、自分の心なのです。心の問題を解決しない限り、悩みはいつまでもついて回るのです。

人間関係の悩みが消えず、心から楽しめない自分がいませんか?

あなたには、まだ見えていない部分がたくさんあります。悩みは起きた事象ではなく、それを受け止める感情が原因です。

事の大小に関わらず、悩みは大きくなります。

自分の感情が出せない、これはつらく苦しいことはないでしょう。

感情が出せないと、やがて不安、怒り、憎しみ、敵意に変わります。

そうした心の変化を気づかずに、私たちは毎日の生活を送っています。


悩みは自分を大きく育てる


「泣きたくても泣けない」といった経験をした人にとっては、とてもつらく、苦しかったと思います。

しかし、今のいままでそれがどんなことなのか、考えたことはなかったと思います。

深く考えたとき、自分の置かれている環境、あるいは立場が原因で泣けなかったとわかったら、生き方は変わるのではないでしょうか。

感情表現ができなくなると、人は自分の周りに壁を作り、その中にこもってしまいます。そして無理をしているうちに明日が来なければと追い詰められた気持になっていくのです。

悩みや苦しみは、事実よりも、すべてその人の心が感じたようにつくられているのです。

つらい、苦しい、切ない、むなしい、無気力など、心はいろいろな状態をつくります。しかし、その原因がわからないから、わかっていても解決の糸口が見つからないから、悩むのです。

誰でも、これはよくないのではないか、なんとなく気になるなど、感じることはできます。

しかし、そこで終わってしまいます。そこで終わってしまうから苦しむのです。

感じるところから意識して「なぜ」と考えるだけで解決は早くなります。

自分の位置が、立場が、状況がわかります。自分の周りが見えれば、対応ができます。

日ごろから「なぜ」と感じたことを意識化してみると、思わない答えが出てきます。


嫉妬、高慢、無関心の三毒


固く閉ざされている心情の奥底から出てくるのは、嫉妬、高慢、無関心などの感情です。

次のような感情が芽生えたなら、それは嫉妬です。

「あの人がうらやましい」「あの人には負けたくない」「自分の面子にかけても・・・」「意地があるから・・・」

この嫉妬の感情が、悩みをよりいっそう複雑なものにするのです。

次のような感情が芽生えたなら、それは高慢です。

「自分はあんな生き方をしたくない」「そこまでして、仕事を取りたくない」「よくもまあ、あそこまでやれるよな」

これらはすべて、相手を見下す感情です。高慢とは、自分を高い位置に揚げて、他人を卑しめることで、自らの苦しみを和らげようとする感情なのです。

次のような感情が芽生えたら、それは無関心を装って、自分の現実から逃げていることです。

「そんなこと、関係ないでしょう」「他人がどうしようと、知ったのか」「全然興味ない」「話なんか聞きたくない」

そのような感情が湧き上がることによって人を無視し、悩みから逃げるのが無関心です。

今のままではイヤだと思ったらこちらを読んでください !


 <対面相談を受けたい方は、お電話でご予約ください>
 
 私が対面相談を重要視する点をお読みください。

メールは大変便利なものですが、その弱点として、相談する方は、自分の悩みを十分説明しきれない面がございます。

限れらた分量で十分答えきることが難しいところがあるからです。

表情を見れない点もあります。アクノレッジしてあげることができないこともあげられます。

コニュニケーションとは、原点から距離を超えて受領点へと、衝動あるいは粒子を押し進めるという考え及び行為のことであり、それには原点から発せられたものに対するデュプリケーション(何かを正確に再生する行為です)及び理解を受領点にもたらそうとする意図が伴なっています。

いちばん良いのはお互いに話会いながら、悩んでいる内容を詳しく伝えられ、回答側も言葉を尽くして、わからないところがなくなるまでコミュニケートすることが重要だと思っています。

私が対面相談を行う理由です。

また、私自身の基本姿勢として、抽象的な指針を示すだけで終わりたくないというポリシーがあります。

できる限り、「何をすべきなのか」を明確に指し示してさしあげ、「なぜそれが大事なのか」を解説してあげたいと思います。

家族のために仕事をし、我慢しながら一生懸命に頑張ることが世間の大半でしょう。本当にやりたいことだけできる人生なんて幻想だという人もいるでしょう。

自分の人生を生きるということは誰かと競ったり、自慢をするためだったり、または誰かのために生きることではありません。

自分が心から喜びを感じることをやっているかどうかにつきます。主体的であるか受け身であるかを確認する必要があります。視点を変えて、今やっていることに新しい意味づけをすることは可能です。

心の裏側には隠されたコミュニケーションがります。誰かに何か言いたいことが言えないなど、周囲の人間関係の問題がります。こうして不満や口にしてこれなかったことをカウンセリングで聞き出します。

仕事でミスがあった場合、自分で防げなかったことを反省して、次回はミスをしないように前向きになる人もいれば、誰かのせいにして延々と恨む人もいるでしょう。

何かの事柄が起こったとき、自ら考えて行動を起こすのか、周囲がそうするから自分もそうするのかなど、原因をどこに置くかで結果が変わってきます。

どういう意識レベルに住み慣れているか、また不完了な感情を解決することが重要なのです。

 
 まずはお電話をください。プライバシーは厳守いたします

私の手に余る問題の場合については、「申し訳ありません。私の手には負えません。」と明確にお答えしたいと思っておりますので、「相談したい内容」をお伝えください。

なぜなら、出来ないことをできるふりをすることは、相手を誤解させ、さらなる悩みの上塗りをしてしまうことだと思っているからです。
 

ご予約電話番号は 0258−53−6245 です。

電話がつながりましたら「相談をお願いします」とおっしゃってください。
私が出ましたら「相談したい内容」をお伝えください。
電話が留守番電話になっているときは、メッセージを入れてください。
伝言には「お名前」「お電話番号」「ご希望の日時」「相談したい内容」をお知らせください。メッセージを確認次第、折り返しご連絡いたします。


通常受付 : 月曜日〜金曜日 午前9:00〜午後18:00

営業時間外のご相談につきましては対応いたしますので、ご希望の日時をお知らせください。土曜日、日曜日でも相談は可能です。


相談料金 : 90分 5,400円(税込)

お支払いは現金決済になります。

キャンセル料は基本的に頂いておりませんが、キャンセルされる時は必ず事前に電話でご連絡下さい。(留守番電話だった場合、その旨を留守録でお知らせ下さい。)

無断キャンセル・当日キャンセルを頻繁に繰り返される場合は、半額のキャンセル料を頂くか、予約をお断りする事もありますのでご了承下さい。

ご理解ご協力の程宜しくお願い致します。


相談場所 : 940-0133 新潟県長岡市巻渕3丁目2番59号


出張対応可能地域 : 長岡市周辺

出張対応はいたしますのでお問い合わせください。


<交通案内(アクセス)所要時間>

マイカー

■関越自動車道:長岡IC〜国道8号〜351線経由40分

榎トンネルを過ぎ、(株)サテライト中越があります。大野4丁目セブンイレブンにきます。二つ目の信号を左折、岩の鼻橋T字路を右折、秋葉トンネルを過ぎ直進、出雲橋を渡り左折、刈谷田橋信号を右折、原町交差点信号を直進、200メートル先惣右衛門茶屋左折、2件目です。

■北陸自動車道:中之島・見附IC〜県道見附・栃尾線経由30分

栃尾地区に入ったら栃尾幹部交番前(旧栃尾警察署)から栄橋を渡り、原町へ国道290号線つきあたり(原町交差点)を左折後、惣右衛門茶屋左折、2件目です。

バス

越後交通バス:JR長岡駅前発「見附経由栃尾行き」バス50分

■栃尾車庫前(バスターミナル)から2キロ、徒歩20分



 HOME  |  成功するマインドセット

Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com