Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com


本番に強い脳と心のつくり方


やる気が出る、自信がつく、勇気が湧いてくる!



過去に対する見方が変れば過去は変えられる

あなたは自分がどのような人生を送ってきたかを的確に答えることができますか?

なぜ、そのようなことを知る必要があるのかと疑問に思うかもしれません。

しかし、これはきわめて重要なことです。

成功した人は経験を力に変えることのできた人です。自分が体験したことを、そのままあたためておくか、それとも将来のための投資にするかということです。

その、違いは明らかです。

成功する人は普段の何気ない出来事からも、成功へのカギを手にすることができます。それらは一生を左右するカギになります。

成功する人はどのような出来事に対しても、そこから学ぶ事実を発見します。それはあなたにもできることです。

過去とは、単なる記録の蓄積ではありません。過去の記憶とは出来事をどう解釈してきたのかという記録です。

人間は起こった出来事よりも、その出来事をどう解釈したのかということを鮮明に記録しています。

現在のあなたの行動を縛っているものは、心の奥底で行動をコントロールしているもの、それらはすべて過去のどこかで創られたものです。

ひとつの出来事の解釈を変えないばかりに、現在のあなたに大きな影響を与えることがあるはずです。

過去を無視しようとしても、心の中の決着が進まない限り、その影響は消えることはありません。

過去の出来事の解釈を変えることができれば、あなたの過去は変ります。

過去が変れば、現在が変ります。

ではどうやって変えるのか、その方法はあなたしか知ることができません。

あなたしかできないことです。過去を見つめ直すきっかけを視差することはできます。



 あなたは、今の生活や仕事に満足していますか?

おかれた境遇は、自らの脳力によって変えていけるもの。あなたの中の潜在的な能力を引き出し、願望を実現させましょう。

< ゆでカエルの話 >

カエルをぬるま湯のなべに入れると 始めのうちは、気持ちよさそうに泳ぎまわります。

その姿は人間がぬるま湯に浸かっている姿とよく似ています。次にそのなべをゆっくりと温めます。

少しずつ熱くなって行きますが、カエルはよほど気持ちがいいせいかなべから出ようとはしません。やがてお湯は沸騰します。カエルは湯で上がってしまいます。

これは現実を客観的に見ることができず、現状から抜け出す、勇気のない人を皮肉った寓話です。

現状は一刻、一刻と変化します。いつまでも変化のない状況など考えられません。

現状というぬるま湯に長い期間、浸かっていると状況の変化に気づいた時にはすでに対応できない体になっています。

現状を客観的にリアルに知ることは、はかり知れないインパクトをあなたに与えます。 そして、現状を劇的に変化させるパワーを与えてくれます。

それは、熱湯の中にカエルを放り込むようなものです。カエルは驚いて反射的に飛び上がり、なべから逃げようとするでしょう。

あなたも、あなた自身を客観的にリアルに知れば知るほど、現状に甘んじることなく、積極的なアクションを起こそうという意志が呼び覚まされます。

さらに、自分の真実を知ることは、隠されたパワーを引き出すことになります。自分の隠された能力、意欲を発見し、自信を強くします。



明確なイメージが行動への原動力となる!

イメージトレーニングは通常、自分が最も上手くできた時のイメージを心の中に描き、それを自分自身に確認させることにより、実際の行動の結果を成功へと導くために行います。

現在では、願望や目標を達成するための目標達成のイメージを心に思い描くイメージトレーニングがよく知られています。

一般的には、イメージトレーニングは自分の望むイメージを潜在意識に受け入れさせ、それを自分自身に確認させることにより、目標達成のための行動を確信のあるものにして、実際の行動結果を成功へと導くために行います。

しかし、実はそう簡単ではありません。

なぜなら、願望や目標は当然、まだ達成したことがないため、心に不安が生じます。

逆に言うと達成したことがないからこそ願望や目標なのです。

この不安のため、どうしてもマイナスのイメージが生じます。

達成したことがないことに最初から自身を持ち、プラスのイメージが持てる人はほとんどいません。

私たちの望む目標設定のイメージを、潜在意識に上手く受け入れさせる二つのポイントがあります。


ひとつ目のポイントは潜在意識の特性を利用した心身をリラックスした状態でのイメージトレーニングです

心身をリラックスさせることにより、潜在意識を活発化させ顕在意識の理性の活動を控えさせます。

イメージトレーニングを行う場合、潜在意識の特性として普段の意識でのイメージトレーニングは顕在意識が邪魔をしてなかなか上手くイメージを描くことが難しいものです。

意識を目覚めさせたままの状態での通常イメージトレーニングは、暗示効果が低く、また無理にイメージトレーニングを行うと意識がますます活発になり、逆効果にもなります。

これは、例えば、明日が大事な日なので早く眠ろうとすると、すればするほど眠れなくなったり、あがらない様に上手くスピーチをしようと思えば思うほど、あがって上手くできなかったり、試合で上手くプレーをしようと思えば思うほどミスをしたことがありませんか?

頑張れば、頑張るほどできなくなる。一見不思議に思えますが、これは、イメージトレーニングでも同じ事が言えます。

今までイメージトレーニングをしても、あまり効果がなかった方は、このような理由のためです。


二つ目のポイントは、私たちの望む願望や目標達成のイメージを描く時に、願望や目標がこれから達成されていくという経過のイメージではなく、既に達成された時のイメージを描きます

このイメージを描くには意識で描くのではなく達成できた時の喜びを大胆に感じます。ここがポイントです。

大胆にイメージすることです。

なかなか最初は大胆にイメージできないものです。

これは本人が望んでいるのにもかかわらず、実は達成された時の不安感にあります。


喜びの感情をともなってこそ、達成された時のイメージを描くことができます。本当に自分が求めるものがそこにあれば心から嬉しいはずです

私たちの心は、同時に二つの考えやイメージを持つことはできません。

感情を伴ったイメージが自動的に雑念やマイナスのイメージを排除します。

あなたの成功イメージをより強固に潜在意識に組み込ませる事で、あなたの目標への行動を確信できるものとする事ができます。

この成功イメージを強固にする事により脳の神経細胞であるシナプスにより、新しいあなたのセルフイメージである成功回路が大脳に形成されます

この成功回路により、目標が明確に認識され目標達成への確信を持って行動することができるようになります。

あなたの目標の成功イメージを潜在意識にインプットさせることにより、目標達成への自信や信念を育て深めることができるのです


しかし、この成功イメージが弱いと、ちょっとした困難にも挫(くじ)け、すぐ諦めてしまいます。

これは、意志の強弱の問題ではありません。

脳生理学的なレベルで、自信や信念を育て目標達成への気持ちを継続させることができないからです。

自己不信、つまり、自分自身の心が不安な状態では、いくら願望や目標があっても「絵に描いた餅」と同じで、達成することは難しいでしょう。

なぜなら、私たちは、自分自身を信じてこそ確信を持って行動ができるからです。

また、信念の強い思い(イメージ)であるプラスイメージは、私たちを幸運へと導いてくれます。

これは、自信や信念を背景に何事も成功を期待している人は、周囲の環境に対して無意識に正しい態度をとり、一瞬のうちに消し去っていくチャンスでも、何気なくつかみ、アイディアを形にし、環境を変えることができるからです。

イメージトレーニングにより、意識的に自分が望むイメージが潜在意識に上手く受け入れられると無意識の判断により、私たちの望む願望や目標達成の最適な判断ができるようになります。


つまり、願望や目標達成への行動確信が得られるようになります。

この自分自身の確信により、自分を信じることができ、願望や目標達成への未知へ進むことができるのです。

自信や信念は他から与えられるものではありません。

自分で育てるものなのです。育てることができるのです。

私達は、どんなに他人から、あなたもできるから頑張ってと言われても自分ができないと思えば決して行動を起こしません。

しかし、自分自身が絶対できるという確信と自信があれば、どんなに周りの人や他の人がいくら無理だと言っても行動を起こします。

なぜなら、自分はできるという確信、自信があるからです。


目標や願望は高ければ高いほど困難を生じます。

しかし、強い自信や信念はどんな困難でも乗り越えられる力を与えてくれます。

成功へと自分自身を導くことができるのです。

自分を変えれば、必ず行動が変り、行動が変ることにより環境が変ります。

※ 私たちが持つ想像力(イマジネーション)の可能性の実例


あなたの高い目標を選択するのはあなたです。あなたの強い信念の力を経験するのはあなたです。

あなたの自信をつくり、確信を与えるのはあなたです。あなたの偉大な潜在能力を活用するのはあなたです。

だれも目標なくしては幸福にはなりませんし、その目標を達成する自分の能力に確信がなければ幸福にはなれません。

人を失敗させるのは、その夢ではありません。

それは、そのような夢を実現させるためには必要なノウハウがないからです。



スポーツ・ビジネス・教育・健康

自分に対してネガティブな認識をいだいているかぎり、現在の状況に
対してポジティブに考えることなどできはしない。



<リラックスができないあなた>

本当のリラックスとは、ヒリヒリ乾いてしまった心に、ピリピリ今にも切れそうなになっている心に、潤いの水と芳醇なミルクを注いでくれる安らぎの仮の宿です。

この世の中は、人と人の人間関係から成り立っています。どんなに勉強ができたとしても、どんなに美に生まれても、人のふれあいが苦手な人にとって、人間関係ほど辛いことはありません。

恋愛、面接、試験、目上、目下の関係、セールス、謝罪、お礼、お断り、誘い、講義など、さまざまな関わりのなかで、私たちは生きています。

避けられないこの社会のなかで、少しでも心が楽になる生き方、それは自分を知ることです。

リラックスできない人は、他人に対しては当然、自分に対しても緊張していきます。もっとわかりやすくいえば、自分にもよそゆきの顔をして生きているのです。

自分の本当の姿を出していない人が、他人が何をどんなふうに求めているか、望んでいるのか、わかるはずがありません。

それは砂漠に迷い込んだアリのようなものです。今自分が何をしたらいいのか、今自分はどこにいるのか、相手は何をしているのかわかりません。

リラックスできない人は、そんなアリのような生き方をしているのです。でも、誰かに連れられてそこにきたわけではありません。

自分の足できたのです。自分の足で迷子になったのなら、自分の力で迷路から脱出する以外、助かる方法はありません。

「入ったものは、必ず出られる」と言います。苦手なものを作った原因がわかれば、苦手はなくなります。

クヨクヨしているまに、クヨクヨの心を取り去ることにエネルギーを使いましょう。

 


■ストレスマネージメント・不眠、疲れやすい、気力がないなどの改善



私たちは仕事に限らず、様々なストレスを受けやすい社会の中で生活しています。

ストレスによる自律神経のバランスが崩れると、ホルモンのバランスも乱れ、全身のバランスが崩れます。

放置しておけば、心身の変調へとつながり、心身症やうつ病の影「疲れているのに眠れない」「意欲がわかない」こんな症状を訴え、職場でのストレスや人間関係の悩みを抱えることになります。

自律神経のバランスが崩れると意志の力では戻すことはできません。

手や足は意志の力で動かすことはできますが、胃や腸や肺等は動かすことはできません。これらは自律神経で微妙に調整されています。

そのため自律神経が崩れると肌荒れ・不眠・便秘・肩こり・冷え症・何となくだるい・気力がない等様々な症状がでてきます。

また、イライラして食べ過ぎたり、食欲がない等の症状も現れます。

そこで、このような症状の原因となる予防方法、ストレスのコントロールをする必要があります。

個人だけではなく職場(企業)などでメンタルヘルスの維持・改善などに。

バイオフィードバック装置について、心身の状態のコントロールやリラクゼーション法の習得に有効であることが記載されています。こちらをご覧ください。


■イメージトレーニング・スポーツの向上


競技場面で実力を最大限に発揮するために、
充実した競技生活を送るために試合に臨み、あがってしまい普段の力が発揮できない。

競技以外のことが気になって集中してプレイできない。スランプに陥った。チーム内での人間関係がうまくいかない。適切な動作イメージができない。

このような
問題の解決、
心理面を強化したいと考えている方に。

スポーツに限らず、進学や資格習得のための受験、面接、歌や演奏、演劇などのオーディションにも言えることです。仕事(ビジネス)についても当てはまるはずです。

ゴルフはメンタルなスポーツです。きわめて繊細な技術に合わせて、メンタル面を強化することが上達への近道です。

メンタル面は主観的な感覚によるもので、成果を上げにくいものです。

自分の心の動きを脳波で見ることができますので、効果的にセルフコントロールのノウハウを身に付けることができます。

自分自身のリラックス状態への条件(呼吸、イメージなど)を確認することができます。自然にリラックスの手法を身につけることができます。

ゴルフだけではなく、あらゆる分野のメンタルトレーニングに最適な機器です。

 


■自律訓練実習・リラックス度がわからない、気づきの練習する


自律訓練法は自分の体の微妙な変化への気づきが手がかり、なかなか習得しにくいのが難点ですが、バイオフィードバック法との組み合わせによって、リラックス度が測れ認知でき、強力な補助手段として利用できます。

メンタルトレーニングを継続的に実践することによって、緊張・不安等の感情コントロールは可能になりますし適切な集中力も養えます。

また、動機付けを高める方法や前向き思考も習得できます。

トレーニングをマスターすると仕事での日常生活での過度の緊張状態や不安な状態を平常心へと条件反射的に導くことができるようになります。

イライラしたり、何となく不安で自分に自信が持てないときなど、また、冷静さを求められるときにも、セルフコントロールが上手くできるようになります。

対人関係が苦手な方でも、人間関係がスムーズになり、仕事やプライベートの面でも、大変役に立ちます。

また、消極的で引っ込み思案の方や対人恐怖の人にも、性格改善や自己実現にも効果があります。


■スピーチの恐怖・あがり症の克服、気持ちの切り替えをする


「あれ?何を言おうとしたか忘れちゃったぞ・・・・・。やばいな。みんな不思議そうにこっちを見ているぞ。げ、やばい。本当に思い出せない。体中が熱くなってきた・・・・。うわ、足まですくんできた。・・・・」

人前で話す機会に、このような経験はありませんでしょうか?

人前で話すことは誰でも緊張することです。緊張すると・・・・・手足が震えてしまう。何をするか忘れてしまう。聴衆の目が気になって仕方がない。

上手く説明できない。などの現象が起こります。

「こんなに緊張するなら二度と人前で話したくない!」と思うのは自然の考え方です。

あなたがスピーチで二度と緊張しないために。不安・緊張・恐怖は訓練で克服することができます。

何となく自分に自信が持てなかったり、不安な状態を健全な自己信頼、自信へと導くことができます。

自信を深めることにより自己実現への行動が確信を持ってできるようになります。

 


皆様からよせられたご質問「バイオフィードバック・トレーニング」の疑問にお答えします。


思考の枠組みを変える効果的なセルフマネージメント技法、バイオフィードバックで自分が思い描いた通りの結果を出す。

否定的なパターンを打ち切り、自らの力でしっかり自己コントロールすることが非常に重要になります。

 


目標設定と成功への秘訣

さて、あなたの行動の80%は、無意識のうちに口調、姿勢、態度、そして表現に現れていることをご存じでしょうか?

つまり行動の80%は、潜在意識によってなされているということです。

たとえば、あなたが今、うなずいたり、座り直したり、手を動かしたり、というひとつの行動も、そうしようと意識的にやっているのではなく、無意識の中で自然にやっているはずです。

「頭では分かっているけど、なかなか実践できない」と言います。これは、意識の80%を占める潜在意識と、20%の顕在意識がどういうものであるかを言い当てています。

つまり、20%の顕在意識の部分で知っている(頭で分かっている)だけでは実践することはままならず、80%を占める潜在意識の中に成功の秘訣を刻み込むことができるということです。

潜在意識に刻み込んだ習慣形成の実現こそ成功を目指す人にとって「目標設定」は極めて重要な項目です。

自分がないをやりたいことは何か?

自分に本当に向いていることは何か?

「やりたいこと」と「できること」が重なり合う、本当の目標は何か?

成功の価値観は極めて個人的なもので、その人が設定する「目標」によって形創られています。

しかし、その成功の対象となる「目標」がしっかり設定されていなければ成功のしようがありません。

「目標設定」は自己実現のスタート地点に位置する重要項目ですが、この「目標」は、自分で考えるべきものです。


あなたの眠れる能力を目覚めさせるトレーニング

すべての人が恐れを抱いています。

まず失敗への恐れ。

何かをやってみてうまくいかなかったら恥ずかしい、周囲にも気まずい思いをさせてしまうという不安感です。

逆に成功を恐れる人もいます。

成功は失敗より、もっと恐ろしいことかもしれません。

こうした恐れは、現実の障害になり得るのでしょうか。

口に出して言う言い訳ではなく、心の中の隠れた恐れが、私たちの気持ちを迎えこむ力になるでしょうか。

答えはYES、と言っておきましょう。

失敗への恐れであろうと、成功への恐れであろうと、真実はいたって単純です。

大部分の人は、自分が本当に欲しいものを手に入れたり、本当にやりたいことを実行したり、本当になりたいものになろうとする勇気を、持ち合わせていないだけなのです。

あなたは否定的な言い訳に耳を傾けているだけなのです。

「とても無理」なのは、あなたが自分自身にできないんだと思い込ませてしまったからです。

敵、それは恐れです。

恐れは自尊心を蝕み、自信を打ち砕き、自分は負け犬だと繰り返し思い込ませるのです。

恐れに追い立てられている限り、私たちは決して「勇気を出して成功を手にする」ことはできません。

恐れを乗り越え、打ち負かすことは「可能」です。

それには恐れの源が外の世界ではなく、心の内側にあることに気づくことが大事なのです。

するべきことは自分の恐れを克服すること、そして、勇気をだして自分の目標を追い求めることです。

 コンフォートゾーンからの脱出

一度コンフォートゾーンにはまり込むと、今までの思考範囲内でしか自分の可能性を見ることができなくなり、誰もが本来持っている豊かな潜在能力にブレーキをかけてしまいます。

成功を手にするためには、今までの考え方、行動パターンを一度壊さなければなりません。

そして、新しい思考習慣、行動習慣を身につけ、新しい自分を確立し、この深いコンフォートゾーンの轍(わだち)から脱出することが必要不可欠です。

私たちには、心というすばらしい資源があります。学校教育は脳の使い方、つまり読み書きや計算は教えてくれますが、心の扱い方を教えることはめったにありません。

心は考えることができるし、思いのまま行きたいところへ飛んでいくこともできます。

あなたがどんな状態かをはじき出し、望みのところへ連れていくことだって可能なのです。

どんなものでも欲しいと思えば、どんなものでも手に入ります。

問題は「何が欲しいのか」、そして「自分自身に何を期待するか」だけなのです。


1.コンフォートゾーンからの脱出 ・ 今までの実績を超える決意。

2.新しい価値観創造 ・ 習慣行動から脱皮し、新しい習慣を身につける。

3.成功への基本は潜在意識の明確化 ・ 自己概念を変える。自分の望みが何かを明確にする。

4.明瞭で具体的な目標、正しい目標設定 ・ 成功への鍵は、目標設定能力と、それを達成するための行動計画を立てる能力を身につける。

5.方向の理解と努力、行動を起こす ・ 潜在の力を引き出す。

6.夢 ・ 潜在意識の応用と定着。


目標を達成するためには、達成できると信じなければなりません。ただ口先だけで信じるといっても駄目です。

原則はこうです。

あなたの信じる心があなたの行動を決定し、あなたの行動があなたの結果を決定します。

正しい行動を取れば、正しい結果を手にすることになるのです。

意識的に信じることが、目標を達成するための鍵です。しかし、どうしたら信じられるようになるのでしょうか。

まず目標を書き、次にそれを視覚化することです。

最後にアファーメーション、つまり「こうだ」と肯定し断言することによって、自分の能力に対する信頼感を植えつけるのです。

アファーメーションこそが、鍵です。

私たちは書き記された事柄、文章になった事柄を信じやすいという傾向がありますが、ここでもうひとつ言えるのは、きっぱりと断言された事柄は信じやすいということです。

何度も繰り返し断定的に言われると、それは真実味を帯びてきます。

あなたが何かをはっきりと声に出して言った場合、それを聞いている観客が必ず一人はいます。

あなたの潜在意識です。

その潜在意識は、あなたがきっぱりと言い切れるのを聞いてこう言います。「そうかそれが正しいかもしれない」

もし人前で何かを断定的に言い切った場合、潜在意識はのっぴきならないプレッシャーを感じて、こんなセリフを吐くでしょう。

「ああ、本当にはっきり言っちゃった。これで最後までやり遂げなかったら大恥をかくぞ。なんとか助けてあげなくっちゃ。ひと仕事するしかない!」

これがアファーメーションの力です。

肯定的に断言したとき、私たちの潜在意識は、それが本当に「可能だ」と信じてしまうのです。



 HOME | 成功には3つの道があります

■ 元気な脳をつくりましょう