よくある質問

「バイオフィードバック・トレーニング」の疑問にお答えします。
Q アルファ波の状態とは何ですか?
A
脳内にアルファ波の信号が強く生じた精神状態を指していいます。この精神状態になると心理的に顕在意識と潜在意識との間にある障壁が弱まって通常より繋がりが深まり、暗示を受け易くなって記憶が高まるとか想起し易くなったりします。それにより直感力とか創造力などのインスピレーションの霊感を受け易くなるのです。

アルファ・トレーニングを行なった体験者からは、自ら持っていた種々の身体の症状、不安、緊張、イライラなどが知らぬ間に治っていたことに気付いています。これにより、アルファ波は自然治癒力を高める波長であることも分かり始めました。

Q α波は出れば出るほど体にいいか?
A
リラックス状態にあるときにα波が出やすいことから、これを積極的に出すことが脳や体にとってよいことであることがいわれています。

Q α波の脳波の強さは大きいほうがいいのか?
A
一般的には安静で精神的緊張がない状態でのα波であるが、振幅は50μV程度であって、大きくて100μVは超えません。10μVの脳波を出せれば充分集中力が養え、リラックス効果もでてきます。

Q トレーニングは毎日行なうのですか?
A
ストレスに悩む方は、心身の緊張状態が強く、リラックスが出来にくい状態にありますので、すぐには深いリラクゼーションは得られません。一時的にリラックスが得られても「意識」が強く働き、リラックスの邪魔をしてしまいます。

リラックスを少しずつなじませていくためにもトレーニングは6ヶ月間以上、毎日行なうようお勧めします。毎日少しづつでも続ければ続けるほど精神の安定向上と健康の回復に役立ち、体調は良くなります。精神の安定向上から人間性の回復にも威力を発揮します。

Q トレーニングは一日どのくらいの時間を要するのですか?
A
トレーニングの時間は一日20分程度でよろしいです。このバイオフィードバック・トレーニングは脳波の強さと時間によって、トレーニングの目標を決めて進めて行きます。

Q トレーニングはどのようにして進めていくのですか?
A
一日10分程度、朝・夜の2回行なってください。トレーニングは何回やってもかまいません。脳波の強さ 5μV,7.5μV、10μV段階で10μVを目標にトレーニングをします。何分間達成できたかの達成率(90%)で段階を上げて行きます。

トレーニングは計画表に目標を立て進めていきます。月間記録表で報告していただきます。記録表を見てトレーニングのサポートして行きます。メールや電話での質問も受けられます。

Q トレーニングで注意するところはどういった事ですか?
A
バイオフィードバック機は高価なものです。パソコンと同じ値段ぐらいです。バイオフィードバック機を買ったからといって手元に置いただけでは何の効果もありません。宝の持ち腐れと同じですので、トレーニングを毎日やれるかどうかに関わってきます。

バイオフィードバック・トレーニングはゲームを楽しんでいるみたいな感覚でトレーニングできます。目標を達成することで喜びも増え、自分の心の変化に気づいてくるのです。(これを気づきといいます。)

「能力開発プログラム」でもそうなのですが、大抵の人は場合はやる気が続くのは1ヶ月から長くて3ヶ月で、その後は揺り返しとも言うべき虚脱状態になってしまうという点なのです。これが長続きしないわけです。全プログラムを終えるには大体4〜6ヶ月かかり、期間を消化しないと効果が出て来ないのです。

Q 6ヶ月経っても変化がなかった場合はどうすればよいですか?
A
6ヶ月以上トレーニングを行なうことにより、リラックスがなじみ、条件付けられてきます。不安や緊張の度合いは必ず減少していきます。リラックスがうまく行くようサポートしていきます。トレーニングの進み方等については6ヶ月で理解できるようになり、6ヶ月以降は自分でトレーニングできるようになります。

Q 願望実現とか幸福人生への暗示用とかサブリミナルメッセージの入ったテープやCD、MDを併用したいのですが?
A
脳波をアルファ波に誘導してから暗示用の効果的な言葉とか、サブリミナルメッセージを聴くと顕在意識と潜在意識との間にある抗暗示障壁が取り除かれて、潜在意識への働き掛けが高くなり大きな効果が得られます。明るく楽しい気分で行うと良い結果が得られます。

Q 学習、スポーツなどに使用したいのですが?
A
瞑想時に併用して、心理的な感覚のイメージ、特に視覚(ビジュアル)的なイメージを使って潜在意識に記憶させる方法がいいのです。それと共に、学習することの楽しさと意欲を起こさせるような情景を思い描くのがいいのです。

Q 私は以前に人生上の失敗をしてからは何故か不幸の出来事が続き、そのショックで毎日が無気力な生活を送りがちで、今までの人生を悲観的にアキラメの気分で考えて来ました。自力で努力をしましたけれど、どうしても積極的な明るい生き方が思う様に出来ませんでした。これは過去の不幸の出来事による影響なのでしょうか、これからは楽しくて善くなる生活を送るにはどうしたらよいのでしょうか
A
人生上の大きな失敗等のショックによる精神的な作用は大きく、時には意識の奥深くにまで記憶されることがあります。しかし、その記憶は時間と共に徐々に消えて薄らいでいき、特に精神的な意識状態を積極的に自己コントロ−ルすることにより、心身の健康は元より人生観をも変えることが可能です。それにより有意義で素晴らしい人生を送れる様になります。

しかし、その為には、常に自主的に善くなる方向へ進む努力が必要です。それには独自で行うよりも、善き指導者に常に相談を受けてその導師のアドバイスにより実践すべきでしょう。


在宅訓練システム | バイオフィードバックトレーニング

Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com