Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com
HOME | 心のプログラム | 成功へのプログラミング | 自己実現


心のしくみを理解すると人の気持ちが見えてくる

NLP神経言語プログラミング

今やNLPはビジネスマンにとってあたり前に使われいる心理学です。

優れたコニュニケーションスキルで人間関係が円滑に人の心をいやすことにも使われている。

スピーチのプレゼンテーションで圧倒的な影響力を持つ、かつてはNLPは、ベトナムの帰還兵のトラウマを解消するために使われた。

セラピーで使うことが中心だったNLPは継承者たちの功績により様々な分野で活用される。

NLPを学ぶことでビジネスで成果を上げることができる。コーチング、カウンセリングを高め、セラピーに生かすことができる。

影響力のある人間いなれる。人間関係を良くすることができる。目標を達成することができる。教育に活かすことができる。

より学び、他では得ることができない貴重な体験、それがNLPにはあります。

あなたを変える、人生を変える(1)

人生という舞台で成功を収める人間とそうでない人間との差はいったいどこにあるのだろう。

どんな人間でも、そんな疑問を抱いたことがあるものです。

例えば、自分の思う通りに事が運ばなかったり、抱いている夢が実現しなかったり、他人と比べて自分が見劣りするような感じを抱いたときです。

神様は不公平だ。どうして人間を才能豊かなものとそうでないものに分けたのだろう!

なかにはそうなげく人がいてもおかしくありません。

おそらくあなたも何度かそういう悩みで苦しんだことでしょう。

そんなとき、私たちがすることは決まっています。

本屋にでかけ、成功の秘密とか、成功への道のりとかいった類の本を探し、自分にぴったりの解決方法はないものかと必死にページをめくります。

また、ある人は有名なセミナーや講演会に出かけ何かのきっかけやヒントが得られないか耳を傾けます。

実はかつての私もそんなことを繰り返していた一人でした。

たしかに有名人やヒローたちの成功談には学ぶべきことはたくさんあります。

たとえアメリカ人なら誰でも知っている鉄鋼産業でのカーネギーは、こう語っています。

成功には何のトリックもない。私はいかなるときでも、与えられてきた仕事に全力を尽くすだけである。普通の人よりも良心的に努力してきただけである。

また発明王のエジソンはこう語っています。

成功とは結果で計るべきではない。それに費やした努力の合計で計るべきである。

こうした言葉に異議をとなえる人はおそらく誰一人としていないでしょう。

彼らの言葉は真実です。

しかしこうした言葉に接したとき、あなたの心の中には次のような疑問も湧き起こってはこないでしょうか?

確かに彼らの言うとおりだ。成功のために必要な条件は、努力が一番だろう。

しかし、今の私は何をすれば、いいんだ。何をどう努力すればいいんだ。

彼らの言葉は体験から生まれたのだろう。

しかし、彼らは私に対して直接教えてくれないじゃないか。

私が今欲しいのは、私だけに通用する、私だけの成功法なんだ。

その通りです。

素晴らしい言葉との出会いや感動的な有名人の話だけであなたに成功への道が開けるとしたら、人生は簡単極まりありません。

おそらくこの世に生きるほとんどすべての人が成功者になれることでしょう。

しかし、そうはならないのが現実です。なぜならば、成功の形はひとり一人異なるからです。

百万人の人間がいれば、百万通りの方法が存在します。

ひとり一人の人間が独自の方法で成功への方法を発見しない限り、あなたにも成功は訪れないのです。

神経言語プログラミングは、1970年代の中頃に考案された革新的自己開発システムです。誰でも簡単にコミュニケーションのエキスパートになれる知識体系化されたものです。

これは「Neuro-Linguistic Programming 」の頭文字を取ってN.L.Pと呼ばれています。人の持つ神経システム(脳:Neuro)と(言語:Linguistic)が相互に作用して起こすパターンやプログラムを研究したものです。

考案したのはカリフォルニア大学の心理学の学生であったリチャードバンドラーと、言語学の助教授であったジョングリンダーの二人が作成した人間のコミュニケーションに関する新しい学問でした。

彼らの最初の目的は、偉大な成功者たちはどうやって自分の能力を発掘し、それを発展させていったか、問題を探求するものでした。

成功者たちは何を考え、何を見、何を感じたのかといったテーマについて彼らは徹底的な調査をしたのです。

そうして彼ら二人はそこから私たちを劇的に変える数々の法則をまとめあげていったのです。

あなたを変える、人生を変える(2)

NLPのシステムを一言で紹介すると、あなたの頭脳が活性化されるためのソフトウェアと言っていいかと思います。

つまり、あなたがやりたい実現したいと思ったことを現実に可能にするためのシステムだということです。

1980年代に入り、このプログラムはアメリカ各地で次々と成功を収め、1983年には、世界的に有名なタイムマガジンに紹介されるようになりました。

NLPはあらゆる人間の潜在能力を開発する有名な手段である。このプログラムの中には自己実現のための完璧なテクニックが備わっている。

以来このプログラムはアメリカ社会に生きる、さまざまな階層、さまざまな職業の人々の間に広まっていきました。

例えば、大企業の重役、ごく普通の営業マン、お店の経営者、さらにスポーツ選手や芸術家まで実にさまざまな人々です。

NLPに接することにより、新たな自分を発見し、それまでは自分には夢に過ぎないと思っていた成功への道を歩むようになったのです。

さて、NLPのエッセンスを3段階に分けて紹介していきますが、その前にこのNLPのベースともいえる、根本的な考え方についてお話しましょう。

NLPでは、あなたや私を含めたすべての人間は完璧な存在であるとしています。

なぜなら、あなたがこの世に生を受け、すべきことや望むものを手に入れる才能や手段、エネルギーはすべてあなたの中にあるからです。

このあなたの中にある資源というものを(リソース)と言います。このリソースは選ばれた人だけではなく、持っているのです。

では、多くの人はどうして夢を実現させることができないでいるのでしょう。

それは一言で言ってしまえば、リソースを活用することができていないからです。

あなたは自分に対して、少なからずや不満や嫌いなことがあるかもしれません。

それはどんなところですか?

優柔不断なところ、うまく話ができないところ、それとも臆病なところ、なかなか行動が起こせないところ、たぶんあなたはこうした嫌いなところ取り去ってをみたいと思っているでしょう。

しかしNLPでの考え方では、あなたの目標を実現さまたげる性格や振舞いは、あなたの中に存在していないとしています。

あなたが自分の欠点だと思っていることは、たまたまその状況に適当でなかっただけだったのです。

例えば、優柔不断だと思っているあなた、あなたはそのおかげで危ない橋を渡らずに済んで助かったこともあったでしょう。

つまり、あなたが役に立たない、お荷物だと思っていることもリソースなのです。

それを欠点だと思っていると、あなたは自ら自分の可能性に蓋をしてしまうことになります。

それを欠点だと思っている限り活用することはできないのです。

こうした思い込みは、あなたの選択の幅を狭め、さらには夢への情熱さえ失いかねません。

このようなリソースに対する否定的な思い込みを分離といっています。

そして、分離していたリソースをポジティブにとらえ、自分の中に戻すことを統合といい、NLPはこの統合を開発されたテクニックが非常に多いのです。

また統合の中に使われているテクニックは、自己開発においても非常に有効なのです。

それはなぜでしょうか?

あなたを妨げる分離は、自分の体験した出来事に対する否定的な思い込みから生じたものであり、こうした思い込みは潜在意識に記憶され、無意識のうちに行動に現れています。

そしてNLPでは、人は基本的に潜在的なプログラムによって生きているとし、考え方、行動や表現などの無意識によることを研究、分析し、潜在意識へとアプローチし、さまざまな出来事に効果的に対処していくことを可能にしたテクニックだからです。

あなたを変える、人生を変える(3)

でわ、NLPのエッセンスを3段階に分けてお話ししましょう。

まず、第一の内容は、あなたの頭がどのような働きをしているのか紹介するものです。

あなたはそれを知ることにより、自分の望む方向へ人生を変えていくためには、何をすればいいのかを理解することでしょう。

第二は多くの人たちの体験法則から、なにが彼らをそうさせたのか学んでいきます。

これらの法則を学ぶことによって、あなたをこれまで行動に駆り立てていた動機やその意味、価値観まで、一変させることができるでしょう。

自分の未来に向けざるを得なくなるのです。

さらにあなたは幅広い人間関係を作る手法や人々を説得させる技術を獲得することができます。

いままで自分を押さえつけていた思い込みや先入観といったものを変えていくことで、あなたの中にあった他の誰にもまねのできない素晴らしい魅力が引き出されのです。

つまり、あなた自身が自分に対する確固たる信念を抱けるようになるのです。

第三には、あなたがさまざまな状況の中で自分が何をすればいいのか、何が最善のあり方なのか、瞬時に理解できる方法を紹介します。

さてこうした言葉を並べたところで、あなたがおそらくそんなことが出来るんだろうか、と疑問を感じているのではないでしょうか。

ここで一つの実験を試みてみましょう。

まず、あなたの心の中で、これまでの人生でうれしかった瞬間を思い出してください。

スポーツで優勝したとき、大学に合格したとき、大好きな彼女がプロポーズにOKしたとき、希望の会社への入社が決定したとき、何でも構いません。

そして、少しの間その思い出にふけって欲しいのです。

いまその思い出はあなたの心の中で、生き生きと蘇っていることでしょう。

どうですか。どんな感じがしますか。とても安らぐ感じがあなたを包んでいるかもしれません。

その思い出はあなたの心の中で明るい輝きを見せています。

どうかその心地良いフィーリングを忘れないようにしてください。

さて今度は、今、あなたが思い出した映像を色あせたものにしてみましょう。そして、自分にこう言い聞かせてください。

思いでは遠い過去のものであり、いつまでも懐かしがってはいけない。もはや忘れるしかない。

そして、その幸せな映像を小さくしていってみましょう。

それは次第に遠ざかって行き、どんな映像化もわからなくなり、終いには消えてしまいます。

どうですか、どんな感じですか、おそらくあなたは言いようのない寂しさに捕らわれていることでしょう。

さて、ここで現実に戻ります。

あなたは楽しいクローズアップした心地良いフィーリングと思い出を小さくしていった気持ちの寂しいフィーリングを覚えていることでしょう。

ではその二つのフィーリングを比較して、どこが違うのか整理してみましょう。

楽しい思い出をクローズアップしさせたとき、あなたはワクワクするような力強い感情に覆われていませんでしたか。

そしてその当時の生き生きとして前向きなフィーリングを思い出しませんでしたか。

もうお解かりでしょう!

あなたはこうしたフィーリングを、自己改革の方法として用いることが出来るのです。

つまり、あなたが何かの目標に積極的により攻撃的にトライしたと考えているなら、心の中にその目標をイメージすればよいのです。

逆にあなたの心の中に行動を妨げている基になっている体験や二度繰り返さないと思って体験や失敗するのではないかという不安があるのならば、そのイメージを小さくしていけばいいのです。

つまり自分の意思ひとつで、障害を取り除くこともできれば、これだけは何とか実現させたいという目標を心の中に明確にイメージすることで、それを可能にすることが出来るのです。

あなたを変える、人生を変える(4)

もう一つの例を紹介しましょう。

それは言葉の用い方一つで、あなたの人生は大きく変わるという考え方です。

私たちは親しい友人などに向かって、よくこんな言い方をするものです。

「気にするなよ、嫌なことは忘れろよ!」

もちろん親切で言っているのですが、さて、言われた方としてはこれで気分がすっきりするのでしょうか。

仮にあなたが何らかのトラブルに巻き込まれているとしましょう。

親切な友人がそのことは考えないようにしようと声をかけてくれたとします。

しかし、そう言われれば言われるほど、あなたの注意は厄介なトラブルの方に向いてしまいます。

つまり、私たちの注意力はあることを考えないようにと、意識すればするほどそちらの方を向いてしまうという働きを持っているのです。

NLPはこうした言葉の問題に対して、一つの答えを用意しています。

それは否定的な言葉使いを肯定的な言葉使いに変えるというやり方です。

例えば、無駄使いをするな、の言い方の代わりにお金を有効に使おうと、言い方を変えるのです。

自分に向かって呼びかけるときも、失敗するなの言い方の代わりに、成功した時のことを思い出せと呼びかけるようにするのです。

例えば、野球選手が三振を気にするなという代わりに、ホームランを打ったときの感触を思い出せ、思いは必ず通じる。

意味のことわざはどの国にもあります。

この言葉が示すように肯定的な言葉使いをしていれば、その人物の行動は必ず積極的な方向へと変わっていくものなのです。

このようにさまざまな自己訓練法が紹介されています。

それぞれの訓練には、長い時間は必要としません。

せいぜい5分から10分程度で終わります。

ただし、その短い時間、あなたの全神経を集中させることだけは忘れないようにしてください。

そして、訓練法の効果は何度も繰り返し聞き、何度も訓練を繰り返すことでよりはっきりとしてくるでしょう。

さて、ここであなたの内部に潜んでいる潜在意識の力という話をしてみましょう。

意識とは日常考えて理解する部分や思い出すことの部分です。

表に出ていることから表層意識とも呼ばれていますが、人間の意識の全体の10%に過ぎないのです。

これに対して潜在意識は、普段自分で気が付いていなかったり、考えずに行っていることを司っている意識で、何と意識全体の90%を占めているのです。

表装意識は南極に浮かぶ氷山の海に出ている一角で、潜在意識はこの中の大部分だと言えるでしょう。

では潜在意識は何を行っているのでしょうか。

例えば、車を運転するときのことを思い出してください。

交差点を曲がる時、あなたはどういったことを行っていますか。

目は前方の信号や歩行者、車の流れ、そしてスピードメータなどの計器を見、足はブレーキやアクセルを操作し、手はウィンカーやハンドルを操作しているはずです。

しかし、それだけではないはずです。

運転中はこいろいろな考える事もするし、隣にいればお喋りだってしているでしょう。

これらをすべて意識してやっていたのでは大変です。

もちろん運転に慣れていない最初のころはすべての操作を意識してしながらやっていたことでしょうし、運転中のお喋りなんて出来なかったはずです。

そして意識して操作をしていたころは運転がうまいとはお世辞にも言えなかったでしょう。

意識しないでもできるようになって、初めてスムーズな運転になったことでしょう。

これが潜在意識のなせるわざなのです。

意識を使っていたことに慣れていき、意識しないでも行えるようになったとき物事はさらに上手くいくようになるのです。

つまり、意識以外の事で運べるようになり、潜在意識に主導権を預けるようになると、物事にスムーズに対処できるようになるということです。

ですから、潜在意識はあなたの力になるもの、役に立つもの可能性であり、財産であり、、あなたを守ってくれているものなのです。

しかし、潜在意識は万能ではありません。

意識しないで行動でさせてしまうものですから、そのことが良いか悪いかは判断することが出来ないのです。

では潜在意識は何を基にして行動を決めているのでしょうか。

それはありとあらゆる経験です。

あなたが生まれてから今までに見たもの、感じたもの、聞いたもの、嗅いだもの、味わったもののすべてはデータとして意識と潜在意識の両方にファイルされているのです。

ですから潜在意識を過去の経験に対するあなたのイメージを変えることにより、そこから引き起こされる行動をあなたにとってプラスの方向に変えることが出来るのです。

あなたを変える、人生を変える(5)

潜在意識は過去の何年もの経験が蓄積された宝庫です。

ここであなたに学びとっていただきたいのは、その知恵の宝庫である潜在意識に接近し、その味方になり、潜在意識にも強力な味方になってもらい続ける具体的な方法です。

それができればあなたには自分自身の限界を突破し、秘められた力をより一層はっきりすることができるでしょう。

意識と潜在意識の働きの違いがお分かりになったでしょうか。

私たちは、自分の意識は自分でコントロールできると信じています。

しかし、それ以上に私たちが気が付いていない潜在意識の力が自分たちの脳細胞の中で働いていることを理解することです。

この潜在意識の力なしには、私たちは自分の望む人生の道をはっきりとはできません。

NLPはこうした潜在意識が持っている膨大なエネルギーをどうすれば自分でコントロールできるのかという問題にも答えを用意することができるのです。

さて、NLPにはいくつかの法則がありますが、創設者たちが見い出した法則を次に整理したいと思います。

法則は全部で五つです。

第一の法則は地図は現実の風景を再現できないものです。

これは当たり前のことです。

現実の風景は具体的な三次元の世界ですから、それを平面的な二次元の世界で完璧に再現できるわけではありません。

ではこの地図という言葉を、感情あるいは考え方という言葉に置き換えて考えて得てみてください。

つまり、こういうことです。感情や考え方の主観は時として現実と違う思い込みをするものです。

自分勝手な解釈をしているわけで、実際には間違っている場合がほとんどなのです。

例えば、あなたが自分は誰にも嫌われていると思っていて、数日後にはそれが誤解であったことに気付いたとします。

しかしそれまでの間、あなたは自分が誰かに嫌われていると信じて疑わなかったわけですから、それがあなたにとって真実の風景だったのです。

つまり、真実とはあなたの感情や考え方次第でどんな風にも作り上げられてしまうということです。

だとすれば、あなたの感情や考え方などをプラスの方向に変えることによって、自分に有利な風景や真実を築き上げることができるはずです。

NLPではそれが可能になることは言うまでもありません。

第二の法則は体験には必ず仕組みがある。

私の記憶には心の中で整理されています。ある行動を起こすときには、それらの記憶が私たち自身に指令を出す仕組みになっています。

もし、記憶になる体験を自分の意思のままに変えられるとしたら、私たちの人生はまるで違った方向に進み始めるでしょう。

私たちの記憶は何によって形作られるのでしょうか。

それは五感です。

見る、聴く、触れる、味わう、嗅ぐという、五つの感覚が組み合わさって記憶を作っていくのです。

それならば五官の感じ方を少し変えるだけで、私たちは自分の記憶を意図的に変えることだってできるわけです。

第三の法則は誰かがそれを実行できたなら、他の誰もが同じ結果を得ることが可能だという考え方です。

このプログラムのもっと重要なポイントなのですが、ではどうしてそう言い切ることができるのでしょうか。

その理由は、第四の法則と密接な関わりがあります。

第四の法則とは、精神と肉体は、人間というシステムの中では互いに部品同士の関係にあるということです。

日本には病は気からということわざがあるように、これは精神と肉体が互いに影響を与え合っているということでしょう。

この法則もずばりそういうことで精神が肉体に影響を与え、肉体が精神に影響を与えることを言っています。

精神と肉体はひとりの人間の中にある同時に存在する部品であり、お互いが密接に関連し、影響し合っているのです。

だとすれば、精神を変えれば肉体が変わる。肉体も変われば精神も変わるという言い方もできるのではないでしょうか。

あなたを変える、人生を変える(6)

精神と肉体との関係の仕組みはどんな人間にも共通です。

成功を収めた人も、貧しさに苦しみながら人生を終えた人も、同じように精神と肉体との仕組みを持っていたのです。

しかし、同じ仕組みを持っていながら、現実には大きな差が生まれてしまいます。

なぜならば、成功する人間と失敗する人間とでは精神と肉体との関わり方が異なってしまうからです。

正しい関わり合い方ができる人は成功を収め、いつまでも間違った関わり方をしている人が失敗をしてしまうのです。

精神と肉体は関連し合って互いを変えていきます。

その正しい法則さえ理解できれば、あなたは実行不可能だと思っていた他の成功も、自分のものにすることが可能になるのです。

これが第三の法則の誰かが実行できたら、他の誰もが同じことが可能だということと、第四の法則の精神と肉体は人というシステムの中では互いに部品同士の関係にあるということです。

そして、第五の法則は自分の夢や目標を実現させるための材料、手段、エネルギーはすべて自分自身の中にあるということです。

私は先ほどリソースについてお話ことを覚えていますか。

すべての人の中には才能がいっぱい詰まっており、素晴らしい可能性を秘めているということです。

それは有り余るほどの豊かな資源といってよいでしょう。

しかし、多くの人たちはそう感じ得ません。

人間には生まれつき才能がある人とそうでない人がいると簡単に決めつけています。

しかし、そのことは大きな間違いなのです。

では、成功するための才能とはいったい何を指すのでしょうか。

運でしょうか。ひらめきでしょうか。頭の良さでしょうか。それとも説得術でしょうか。人間関係を上手に保つテクニックでしょうか。

そのどれもが答えがイエスです。

しかし、ここで考えたいのはこうした才能を構成しているものは何かということです。

では人間関係について考えてみましょう。

今日あなたが、初対面の男性と遭ったとしましょう。

その時に自分では意識しなくても、相手に対してさまざまな分析が行われています。

その人の要望や喋り方、しぐさなどから、いいスーツを着ているから偉い人なんだろうな、ちょっと話しかけてみようかなとか、こうゆう風に話してみる人はおっちょこちょいだから気をつけようという判断はおそらくほんの数分、早いときには数秒でしてしまうはずです。

こうした第一印象と呼ばれるものは、過去の記録や経験ファイル、今目の前にいる人物を照らし合わせて行われたものであり、この経験や蓄積は先ほどのお話しした潜在意識なのです。

この潜在意識を形作っているものこそが、あなたにとっての資源(リソース)である才能なのです。

才能があるかないか、それぞれ資源が持っているものに無駄がないか、浪費しているのかの差しかありません。

才能は天から与えられた人の力では変えることのできない生まれつきのものだと思い込んではいけません。

才能は後から築きあげるものであり、そのために必要な資源は平等に与えられています。

その資源を有効に利用する事さえに気付けば、誰もが豊かな才能を花咲かせることができるのです。

以上がNLPの五つの法則です。

あなたが成功するための方法は、すべてこの法則に基づいているものです。


NLPの中で人との良い関わりを築くための6つのスキル

まず、相手に親しみやすい印象を与えたいためのラポール、同じしぐさを自然に繰り返すことで、つながりができ、居心地の良い信頼関係を築くことができます。

頑固な相手とうまく付き合うには、思い込みに気づき、意識を変えるリフレーミング、たとえばコップに入った水、もう半分しかないと思うか、まだ半分もあると感じるかは見方によって変わるもの。怖い上司の相手も見方を変えれば、部下思いの頼りがいある先輩とも言えます。

みんなが私を嫌いになったといった、悩みを抱える人はメタモデル、みんなって学校の全員、クラスの全員、クラスの誰と具体的に質問すると、一人の言葉を大きくして記憶していたことに気づきます。ネガティブな世界を明確にすることで、問題解決の方向に導きます。

もし気持ちが沈んで仕事や家事のやる気ができないならアンカリング、あらかじめやる気ができるポーズを記憶、同じポーズをすることで感情を再現します。

そして、苦手な人と会うときはサブモダリティチェンジ、頭の中にあるマイナスイメージを動かして、コントロールすることで苦手意識をなくしていきます。

今、自分に自信が持てないならモデリング、なりたい自分になるために過去の成功体験を分析して、成功パターンを創ることで、一歩踏み出す自信を生み出します。




Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com