心の壁、能力の壁、人間関係の壁を突き破る。

世界的ロングセラー『人を動かす』『道は開ける』の著者デール・カーネギーの提唱する生き方は、読んで理解しただけでは何の意味もない。日々、実践し、自己の血肉と化してこそ役立つ。

本書は、日本でカーネギー・トレーニングを展開する編者が、1、あるひとりの具体的実践例、2、車のマツダとお菓子のカルビーによる企業としての実践例、3、実際にトレーニングを受けた17名による手記、の3章に編成した激励と感動の書。



本書では、一日一話で論語の三百六十五話を一冊にした。気軽にどこを開いてもらってもよいだろう。

そもそも論語自体が孔子とその弟子たちの言行を拾い集めたものであって、体系的なものではないからだ。

本書の三百六十五話で論語のほとんど重要な部分が身につけられるように構成されている。気に入ったところから身につけていってほしい。繰り返し読まれることで、あなたの“生きる力”が日に日に強まるはずである。



誰かが考え出した高尚な理論ではなく、すべて経験に基づいている。

私も現場に立ち、苦労してここまで来た。自ら最前線で闘っていたのだ。買わせることができなければ、家族を食べさせることができなかった。私の生活がかかっていたのだ。

優秀なセールスマンならどんな商品でも売れる。

なぜかといえば、これは人間相手の商売で、人間は所詮人間だからだ。人は「商品」を買うのではなく、「人」を買う。だから私が教えることは、売る物が何であれ通用するのだ。


「まず、あなたにとって一番大変で重要な仕事からとりかかりなさい!」シンプルな言葉で語られる心構え、メッセージを確実に伝える繰り返しの魔術…長年数え切れないほどのセミナーを開催し、自身の経験を語ってきたブライアンの肉声がそのまま響いてくるような文章です。

叩き上げの億万長者である著者の経験に基づく21の方針は、溢れる情報と仕事の中でもがいている私たちに成功への道はこれほど単純で真直ぐなのだと教えてくれます。



30年近く読み継がれる名著がついに復刊!
全世界2000万人を感動させた『ザ・シークレット』の著者ロンダ・バーン。彼女が「師」と仰ぐ著者の代表作!

人生は、練習試合ではない。毎日があなたの公式戦なのだ。

人生をシーズンの最後を飾る「ビッグゲーム」や、公式戦に向けての「練習試合」だと考えていないだろうか?

実は、人生というゲームは、歩んで来た日々そのものが「ビッグゲーム」だったのか。多くの人は、残された時間が少なくなってはじめて、この事実に気が付くのである。


全世界3,000万部、国内180万部を超え、今も読み続けられるビジネス書のベストセラー「7つの習慣」は、人生哲学の定番として親しまれてきました。

今回スティーブン・R・コヴィー博士没後1年を期に、7つの習慣』」が本来持つ「人格主義」に基づき、原書に忠実に訳し直しました。

よりわかりやすく理解しやすい完全訳の「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」。豊かな人生を望むすべての人にお届けします。


   前ページ     次ページ
HOME