HOME



悩みの正体を明らかにし、悩みを解決する原則を具体的に明示して、こころの闇に光を与える不朽の名著。


悩み”は、しばしば不眠、食欲不振、胃潰瘍など健康を害する原因になります。“悩む”ことは、人のエネルギーを損じ、思考を鈍らせ人生に絶望感を与えることもあります。本書は“悩み”を克服するための処方箋を書いた救いの書です。


具体的な技法の奥に、人間の弱さをあたたかくつつみこみながら、心の持ち方、人生への姿勢を語って、読者に自己変革への勇気を与える本書は、これまで無数の読者から感謝をもって迎えられ、いまなお世界各国でベストセラーを続ける驚異の書である。


耳で聞くD・カーネギー道は開けるオーディオCD版





研究者として微生物を観察すること4000時間!そんな理系トレーナーが、「心のプログラム」をやさしく説き明かします。

苦手なコミュニケーションも視点を変えれば、簡単に。日常の振る舞いから、人の心を感じ取ることができるようになる、画期的メソッド。



本書は1902年に英国の作家によって記されたもので、世界に数多くある啓発書のルーツとも言われている。意外なことに、日本語版は今回が初出となる。


現実がままならないのは、すべて悪しき思いによるもので、環境のせいではないと説く。結果としての成功も失敗も、その原因は必ず人間の心の奥底にある支配的な思いにあると言う。


「人間は身勝手な欲望を放棄しているとき、搾取する側、される側のどちらにも属さない」という記述からは、当時の英国社会に蔓延していた閉塞感を宗教以外の論理で解消したいという狙いがうかがえる。

「選択」こそが、人間に活力を与える。

コロンビア大学ビジネススクールの美人教授シーナ・アイエンガーは、この20年間、ずっと「選択」をテーマに研究し、さまざまなユニークな実験や調査をおこなってきた人です。

たとえば、思春期を迎えたお子さんのいらっしゃる方で、親がコントロールしていた状態から外れて、やりたいことを主張するわが子にどの程度の自由を与えたらよいか悩んでいる方も多いと思います。

そうしたときに、この本の冒頭に書かれている「選択権を持つことは生き物の基本的欲求である」という様々なデータをみせられると、考え込んでしまうことでしょう。
アメリカ自己啓発界の最後の大物の本がついに日本上陸!


・世界60カ国で延べ3300万人がプログラムで受講
・NASA、米国国防総省(陸軍、空軍、 海軍、海兵隊)を初めとした連邦政府諸機関が採用
・米国各州政府、全米の警察、刑務所、小学校や中学校、主な大学等が教育プログラムを採用
・北京オリンピックで8個の金メダルを獲得したマイケル・フェルプスを指導
・タイガー・ウッズが父から学んでいた
・フォーチュン500社の62%が採用

など、コーチングの祖として知られ、アメリカを中心に圧倒的な導入実績を誇る世界最高の自己啓発プログラム&成功法則がついに日本上陸!!

認知心理学と脳科学と圧倒的実績に裏付けられた、世界一簡単に自分を変える5つのステップを初公開!!
確実にゴールへ導くステップ・バイ・ステップの招待状!

仕事・お金・恋愛・人間関係・健康・ダイエット 、この成功法則は人や環境を選ばず、 あらゆる個人の願望を実現する「学べるスキル」です。

ゴール達成に関する必要なことは、すべてこの1冊に入っている。

成功法則が「科学的」と呼ばれるためには、他の人にも再現可能でなければなりません。

「法則」と呼ばれるためには、誰にでも理解できるほどに具体的である必要があります。

その点、「達成の科学」は1000人以上のゴールを達成した人の実績と、彼らをコーチングした著者の経験、心理学に基づいて体系化した、ゴールへの最先端テクノロジーとも言うべき成功法則です。



もし、あたなに『恐怖を消す技術』があったら?

突然ですが、あなたは、「恐怖を消す技術」があったら何に使いますか?

「ナンパで異性に声をかけるのに…」
「セールスで買って下さいの一言を…」
「ビジネスで思い切った提案を…」

そうです。

「恐怖を消す技術」があれば、ビジネスもプライべートも、あなたの人生は変わります。

   前ページ     次ページ