Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com
HOME不安の現れ方脳を健康にするバイオフィードバックとは商品案内TリラクゼーションCD
バイオフィードバック・トレーニング想像力を用いる体験ルームご注文・お支払い通信販売法に基づく表記 
 想像力を用いる - 目標に向かって歩きだす 

自分にとって意志力と想像力のどちらが大切だと思いますか?

 
大多数の人が間違いなく意志力の方を選びます。

私たちの社会は意志力に、目標達成のための絶大な権限が誤って
与えているためにおそらく、あなたもそう思っているはずです。



 
ところが、正しい答えは、だんぜん「想像力」です! 


バイオフィードバック法は体の微妙な変化をエレクトロニクス装置で検出して心と体の理想的な状態をつくり出す手法です。

電気生理的な指標を客観的に評価しながら訓練するので、信頼感があり実行しやすいメリットがありますが、計器に頼りがちで主観的な気づきを高める訓練ができない点があります。

バイオフィードバック法でうまく成功するためには、想像力を用いることができなければなりません。 困難な「目標」になるほど、想像力を主観的に用いる必要性が増大します。

訓練されなければならないのは想像力です。

生体コンピュータは、実際の経験と想像上の経験を見分けることができません。

意志力と想像力が衝突する場合、勝利をおさめるのは「想像力」です。

主観的想像力は、生体コンピュータへ入る肯定的な入力をコントロールする、もっとも有効な手段なのです。

一定の条件のもとで生体コンピュータはこの想像力の入力を<真>の入力として受け入れます。


想像は単純な観念の幻ではありません。人間の想像力には想像する内容を一瞬にして現実のものに変える力があります。

その力を発見するためのカギは、信じ込む力にあります。

たとえば、見えないところで起きる霊の作用を純粋に信じ込むと見えないはずの霊は見える次元にその姿を現します。

想像は三次元ではなく、四次元の世界です。四次元の世界では瞬間移動ができます。

人間の脳は、90%は四次元の世界で使われ、残りの10%は通常三次元の領域で使われます。90%の領域は四次元を信頼する、すなわち想像する時にのみ使うことができます。

90%の領域が切り開かれる時どんな世界が広がるかは誰にも分からないのです。

それは自分の心次第であるという確信の境地であり、これまで経験したあらゆる観念を消し、そこに新しい価値観を花咲かせる想像の境地なのです。

不可能であると思い込んでいた領域の可能性を新たに見いだすことができます。


 
●あなたの心のテスト、この絵には何が描かれていますか?     


 思考公式 - 恐怖に打ち勝つ

私たちの入力は常に思考です。私たちが幼い頃からたえず蓄積してきた、あらゆる経験はどのようなことを引き起こすのでしょう。

これからの経験は、私たちにいろいろの考えを心に浮かばせるのです。

人はどのような理由から不安神経症を患って苦しむのでしょうか。

それは思考の「比較的ささいで偶発的な破綻」が「正常な思考過程」を妨害した結果なのです。
悪いい考えが悪い出力を生み出し、良い考えが良い出力を生み出します。

否定的な思考が神経学的に類似した思考を引きつける力をもっているということです。

この言い方の当然の帰結は肯定的な思考が同じ力をもつに違いないということです。

思考パターンが肯定的なものでる場合には圧倒的な勢力を占めるまで増強されるでしょう。

古い悪い思考は徐々にいつの間にかすみに押しやられ、いつの間にか効果をもたなくなります。


よりすぐれたプログラムを保持し続けることがいかに重要であるかがわかるでしょう。

たとえば、幼い頃ひどく恥をかいた経験のある人は大人になってからも、その時の感情をなかなか忘れることができません。

他人の前で歌をうたうのを嫌う人がいるとしましょう。

その人は本当は歌が下手なのではなくて、子供の頃のちょっとした間違いでひどく恥をかいたことがあり、他人の前で歌うのが嫌いになったからに違いありません。

そのときの恥が脳に記憶され、その記憶が意識を支配してしまっているのです。

感情が記憶されると人間の意識はそれに捕らわれてしまい、自らそれを繰り返すことによって洗脳されてしまいます。

感情の地獄から自由になるためには、何よりも先に脳に記憶された否定的な感情を消さなければなりません。

悪い記憶を消さなければ、一生同じような悪い感情のレパートリーを繰り返しながら生きていかなければなりません。


多くの人が人生に絶望して苦しむ理由はまさにここにあります。


●心理学の基本的な法則


人間の思考は
<一つのこと>しか思考できない。どんな優秀な頭脳の持主であっても、
人間は一度に
<一つのこと>しか思考できないのです。目をつぶって、
そして「自由の女神」と明日の朝のあなたの行動予定とを思いうかべてほしい。
(どうか実際に試していただきたい。)

おわらりだろうと思いますが、一つ、一つを交互に考えることはできても、
二つを同時に考えることはできないはずです。
これと同じ事が、感情についてもあてはまるのです。

一方でウキウキした気分で何か夢中になっていながら、もう一方では悩みのために
意気消沈するという二つの状態に全く同時に身を置くことは出来ないのです。

一つの感情は別の感情を追い払ってしまうのです。



バイオフィードバック機器をご利用になりたい方はこちらへ