Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com
■ 目標達成


 一日の流れの中で、あなたは経験貯蔵を介して過去のパフォーマンスの結果を再投入し、イマジネーションを介して現在のパフォーマンスの結果を挿入しながら、たえず自分のフィードバックを機構を使用しつづけます。

この全過程は目標指向的なものです。


目標によっては、つまらないものとみなされるものもあれば、とても重要なものとみなされるものもあります。

しかし、イマジネーションを用いなければ、これらのどの目標を達成することはできませんし、また、フィードバックを用いなければ、これらのどの目標を達成することもできないでしょう。


生体コンピュータは実際には現実の体験と想像上の体験の違いを見分けることができないということです。フィードバックを有効に利用するために、必ずしも実際に経験する必要はありません。

地球上のあらゆる生物のなかで、人間は、イマジネーションをもつおかげで、過去経験に依存せずに未来をコントロールすることができる唯一の生物なのです。

他のすべての生物は過去経験に頼らなければなりませんし、頼らざるをえません。


人間が目標を決定したとき、そして、その目標がすでに達成されているところをあるやり方である条件のもとで想像することができるときには、その人は、現在の行為あるいは経験の結果を生体コンピュータに挿入しているのです。

目標追求的な生体コンピュータはその情報に従って作動し、あらゆる手を尽してその人を目標へ導くのです。



その目標が金銭上もしくは職業上の目標であれ、個人的な目標であれ、家庭的な目標であれ、さらには、精神的な目標であれ、そういうことに関係なく、これらの目標を達成する最善の方法はみな同じです。


この方法が自分の運命の制御を可能にし、さらに原因と結果の関係に影響することを可能ならしめる最高の機構であるということを認識しなければなりませんし、あなたの人生のあらゆる目標追求面で正しく用いることを学ばなければなりません。


イメージトレーニングは通常、自分が最も上手くできた時のイメージを心の中に描き、それを自分自身に確認させることにより、実際の行動の結果を成功へと導くために行います。


現在では、願望や目標を達成するための目標達成のイメージを心に思い描くイメージトレーニングがよく知られています。


一般的には、イメージトレーニングは自分の望むイメージを潜在意識に受け入れさせ、それを自分自身に確認させることにより、目標達成のための行動を確信のあるものにして、実際の行動結果を成功へと導くために行います。


しかし、実はそう簡単ではありません。

なぜなら、願望や目標は当然、まだ達成したことがないため、心に不安が生じます。


逆に言うと達成したことがないからこそ願望や目標なのです。

この不安のため、どうしてもマイナスのイメージが生じます。

達成したことがないことに最初から自身を持ち、プラスのイメージが持てる人はほとんどいません。


私たちの望む目標設定のイメージを、潜在意識に上手く受け入れさせる二つのポイントがあります。


ひとつ目のポイントは潜在意識の特性を利用した心身をリラックスした状態でのイメージトレーニングです


心身をリラックスさせることにより、潜在意識を活発化させ顕在意識の理性の活動を控えさせます。


イメージトレーニングを行う場合、潜在意識の特性として普段の意識でのイメージトレーニングは顕在意識が邪魔をしてなかなか上手くイメージを描くことが難しいものです。


意識を目覚めさせたままの状態での通常イメージトレーニングは、暗示効果が低く、また無理にイメージトレーニングを行うと意識がますます活発になり、逆効果にもなります。


これは、例えば、明日が大事な日なので早く眠ろうとすると、すればするほど眠れなくなったり、あがらない様に上手くスピーチをしようと思えば思うほど、あがって上手くできなかったり、試合で上手くプレーをしようと思えば思うほどミスをしたことがありませんか?


頑張れば、頑張るほどできなくなる。一見不思議に思えますが、これは、イメージトレーニングでも同じ事が言えます。

今までイメージトレーニングをしても、あまり効果がなかった方は、このような理由のためです。


二つ目のポイントは、私たちの望む願望や目標達成のイメージを描く時に、願望や目標がこれから達成されていくという経過のイメージではなく、既に達成された時のイメージを描きます

このイメージを描くには意識で描くのではなく達成できた時の喜びを大胆に感じます。ここがポイントです。


大胆にイメージすることです。なかなか最初は大胆にイメージできないものです。これは本人が望んでいるのにもかかわらず、実は達成された時の不安感にあります。


喜びの感情をともなってこそ、達成された時のイメージを描くことができます。

本当に自分が求めるものがそこにあれば心から嬉しいはずです



私たちの心は、同時に二つの考えやイメージを持つことはできません。

感情を伴ったイメージが自動的に雑念やマイナスのイメージを排除します。


あなたの成功イメージをより強固に潜在意識に組み込ませる事で、あなたの目標への行動を確信できるものとする事ができます。


この成功イメージを強固にする事により脳の神経細胞であるシナプスにより、新しいあなたのセルフイメージである成功回路が大脳に形成されます


この成功回路により、目標が明確に認識され目標達成への確信を持って行動することができるようになります。

あなたの目標の成功イメージを潜在意識にインプットさせることにより、目標達成への自信や信念を育て深めることができるのです


しかし、この成功イメージが弱いと、ちょっとした困難にも挫(くじ)け、すぐ諦めてしまいます。これは、意志の強弱の問題ではありません。

脳生理学的なレベルで、自信や信念を育て目標達成への気持ちを継続させることができないからです。


自己不信、つまり、自分自身の心が不安な状態では、いくら願望や目標があっても「絵に描いた餅」と同じで、達成することは難しいでしょう。

なぜなら、私たちは、自分自身を信じてこそ確信を持って行動ができるからです。


また、信念の強い思い(イメージ)であるプラスイメージは、私たちを幸運へと導いてくれます。

これは、自信や信念を背景に何事も成功を期待している人は、周囲の環境に対して無意識に正しい態度をとり、一瞬のうちに消し去っていくチャンスでも、何気なくつかみ、アイディアを形にし、環境を変えることができるからです。


イメージトレーニングにより、意識的に自分が望むイメージが潜在意識に上手く受け入れられると無意識の判断により、私たちの望む願望や目標達成の最適な判断ができるようになります。


つまり、願望や目標達成への行動確信が得られるようになります。

この自分自身の確信により、自分を信じることができ、願望や目標達成への未知へ進むことができるのです。


自信や信念は他から与えられるものではありません。

自分で育てるものなのです。育てることができるのです。


私達は、どんなに他人から、あなたもできるから頑張ってと言われても自分ができないと思えば決して行動を起こしません。


しかし、自分自身が絶対できるという確信と自信があれば、どんなに周りの人や他の人がいくら無理だと言っても行動を起こします。

なぜなら、自分はできるという確信、自信があるからです。


目標や願望は高ければ高いほど困難を生じます。

しかし、強い自信や信念はどんな困難でも乗り越えられる力を与えてくれます。


成功へと自分自身を導くことができるのです。

自分を変えれば、必ず行動が変り、行動が変ることにより環境が変ります。


想像力を用いる