Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com

HOME
 | Mind Studyの相談室へ


成功・失敗の事実よりも、どう受け止めたかが大切、

変化を恐れず豊かに生きるために


 
思考があなたの「今」をつくり上げています 

あなたは、自分が今どんな人生を送っていると感じていますか。

言い知れぬ恐れや不安に怯えてませんか。

自分の願いは叶うことはないと落胆してはいませんか。

恋愛や仕事などの問題を抱えていて、それを解決できないと焦っていませんか。

ネガティブな考えを抱き続けることは、あなたのためにはならないのです。

あなたにとって大切なのは、本来のあなたに約束されいる本当の幸せに気づくことです。

それは、自分の人生は自分で創造できる、ということに気づくことでもあります。

あなたの人生はあなたがつくり上げています。

どんな人生を創造するかということは「今」あなたがしている「思考」の内容と結びついています。

なぜなら、その人の抱く思考が、実際にその人の目の前の現実をつくり上げているからです。

例えば、私はこんなことは実現できないとそう思ったことはありませんか。

あなたがそう思えば、やがてそうなります。

実際に実現できなくなる現実がつくり出されてしまうのです。

思考は単なる頭の中のアイディに過ぎないのでは、強く願っても叶わなかったことがあるのに、という思いに駆られた方もいるでしょう。

それでも思考によって今の現実がつくられているということはゆるぎない真実です。

このことを理解できれば、今の現実は確実に良い方向へと変わっていきます。

今の自分の思考に意識を向けて、ポジティブなイマジネーションを持てば、自分の人生をより幸福な人生につくりかえることができるのです。


自分の思考パターンに気づいてください

自分で自分の人生を作り上げたいのに、それができない人もいます。

願っても、願っても叶わない、と落ち込んでいる人もいます。

何かチャレンジしなくてはならない場面になっても、私はこんなことができないという思いに囚われている人もいます。

それはなぜでしょうか。

私たちは一見、自由に考えて思いを巡らせているつもりでも、一定の思考パターンから抜け切れないでいます。

長く生きれば生きるほど、同じような思考パターンに陥っているのです。

思考パターンの多くは、子ども時代にインプットされた情報によってつくりだされます。

子どもの成長に対して責任を持つ親たちは、子どものことを愛するがゆえ、危険だからこれをしちゃいけないと注意します。

親の価値観に基づいて、人生とはこういうものだから我慢をしなさいと論じます。

このように親が子どもに教えるとき、やなことを押し付けようとか、子どもに制限を与えようといった悪意はなく、親は子供の将来のために良かれと思って言っているわけです。

子どもの側も、親から認められたいと思っています。

ですから、してはいけないことが何なのか理解しようとします。

そしてそれを無意識のうちに信じます。

子どもは親からの影響以外にも、教育者をはじめとした周囲の大人の影響も同時に受けることになります。

最初はこの影響を意識的に取り込もうとしますが、やがて無意識の中に埋め込まれることになります。

これが積み重なって、その人の思考パターンが出来上がっていくのです。

そのうちに、人はこの自分の思考パターンでしか出来事を知覚できなくなっていきます。

いつの間にか、本質とは違う、制限を与えられた思考パターンで知覚した現実が真実だと思い込むようになるのです。

自分の思考は他人の価値観から影響を受けているということに、改めて気がつくことが大切です。

この事実に気づくことは、最初は難しいかもしれません。

それでもまず、自分がどのようなことを言われて育ってきたかを振り返ることが必要なのです。

あなたは両親からどんな影響を受けているでしょうか。

自分自身で振り返ってみてわかる人もいると思います。

自分だけでわからないようであれば、瞑想やカウンセリングなどを通して気づくことができる人もいるでしょう。

自分の親や子ども時代の教育から受けた思考パターンに気づいていきましょう。

それは今あなたを癒して、変容させ、幸せな人生を歩むために必要なことです。

そして、価値観の押しつけや否定的な言葉が、子どもにどれだけの影響を与えるか知っておくことがいずれ親となったときに役立つでしょう。


思考のリミッターを外しましょう

私たちは自分の思考に対して、知らないうちに制限(リミッター)を与えています。

子どもの時代のしつけや教育のために与えられたメッセージの中に、あなたを制限するものがいくつもあります。

多くの人は両親をはじめとする周囲の大人たちから、これはできない、あれはやってはいけない、と言われて育ちました。

それが子どもの心に教え込まれ、意識的に埋め込まれています。

両親に子どもを制限しようという意図はなく、しつけや教育的観点からもたらされていても、結果は同じです。

結局は、その子ども自身のリミッターになっています。

幸せな人生を望むのであれば、まずその「できない」と思いこまされた心や意識を変容させていく必要があるのです。

そのためには、これまでの思い込み、特定の思考パターンを外していくという作業が必要です。

あなたの今の思考、つまりイマジネーションの中で、私はできると思えば、すべてが可能になるのです。

それほど、思考やイマジネーションは大きな力を持っているのです。

しかし、そのことに気づいていない人が多いのです。

人は自分の思考にリミッターをつけなければ誰もが自分らしい幸せな人生を送ることができる。

これは真実です。

これが叶って、あれは叶わない、ということはありません。

制限がないのですから、その幸せは無限大に叶えられるのです。

子どもが育っていく過程で、親が子供に対して、あなたは本当に何でもできるわよ、そういう力を持っているのよ、という言葉を発し続けたとします。

そうすれば、その家庭の子どもは自分には楽しく幸せな人生が待っているということを理解します。

心から訪れを信じるでしょう。

しかし、家庭の中で親が子どもに対して、なぜそんなことを言うのとか、そんなことはできっこないと言った否定的なことばかり言ったとします。

すると、その家庭の子どもは、楽しく幸せな人生が待っていることを知ることができません。

知らなければ幸福を信じることもできないのです。

自分は幸せな人生を生きるに値する人間だという感情を持ち続けながら育っていければ、その子自身が実際に、自分が望む結婚、幸せな家庭を得て、素晴らしい人生を送ることができるでしょう。

この幸せのイメージを広げるには、まず自分の心を見つめ直してみることが大切です。


実現する思考と実現しない思考の違い

自分の幸せのイメージが分からない。

あるは自分の願いはあるのにそれが実現できないという悩みを持っている方は、自分の心をしっかりと見つめ直してみる必要があります。

ここで肝心なのが、自分の心を見つめ直す作業です。

心を見つめ直すとは、内なる自分の声をしっかりと聞くということです。

それを確かめなくてはなりません。

あなたの今の願いが、あなたの心の底から浴していることなのかどうかを。

あなたの願望は本当に「正しいモチベーション=ピュアな動機」に基づいているのか、そのことを自分の心に問いかけてみるのです。

それが単なる自分の欲望にとらわれない、本当に自分の心から、湧き起こっているものであれば、いづれ実現します。

イマジネーションが実際に作動して、実現に向けた必要なプロセスをどんどん積み上げていくでしょう。

そうではなくて、「狭い範囲の私=エゴ」から出てきた欲求であったならどうでしょうか。

エゴから出てきた欲望とは「人からよく見られたい」とか「自分だけが得をしたい」という類の願望です。

それは心の底から湧き起ったピュアな動機に基づいていません。

エゴが要求するものは、本来のあなたが求めるものとは違うのです。

自分の心の声を聞かず、エゴが要求する願望をいくらか強く思っても、実現へ向けたオートメーションは作動しません。

現実を作り上げる効果はありません。

エゴの要求に振り回されて、いつまでも叶わないと不満が残るだけです。

たとえ何かのきっかけでエゴの欲求が満たされても、本当に幸せな気持ちにはなれないのです。

もっとよく見られたい、もっと欲しい、という欲望が際限なく続くだけです。

そうなると、現実は満たされないものばかり、ということになってしまいます。

その願望が、エゴから出ているかどうかは、心から出ているか、頭から出ているか、という視点で見分けられます。

頭だけであれこれ考えるのは、エゴの思考です。

大きな自分という存在、つまり真実の自分から切り離された頼りのないものです。

あなたの願いが心の底からものであり、それがピュアな動機に基づいていれば、現実化が始まるのです。

動機の違い、それが実現できる思考とできない思考の違いなのです。


努力しても実を結ばないのには理由があります

願望が具体化されないようにコントルールされるケースがあります。

例えば、自分の中で具体的にこうなりたいという意イマジネーションを心に描き、プランを立てて、それに向かって努力しているのに。何年たっても叶わないということがあるとします。

こうした場合、その願望やイマジネーションが、あなたの今世で生まれてきた「魂の目的」ではないということです。

「あなたの本当の人生の目的ではありませんよ」、というメッセージかもしれません。

あなたの魂の目的は、心の声を聴き続けることによって変わります。

それを磨き、花咲かせることが今世でのあなたの目的なのです。

もしすべての人が、自分の内なる本当の心からの声を聞いて選択し、実現へのオートメーションが作動する形で行動すれば、本来トラブルなど起こることはありません。

なぜならば、その状態は、誰もが本来自分がいるべき場所にいて、落ち着くべきところに落ち着いているということだからです。

誰もが本来属すべきところ、果たすべき役割や仕事に従事することによって、調和のとれた世界がもたらされます。

そうした本来の世界が実現すれば、そこにはトラブルというものは起きません。

すべての人が、自分の心が本当に求めるものに行動することさえできれば、だからこそ、願望やイマジネーションの根底にあるモチベーションを大切にしなくてはならないのです。

例えば、ある子供が俳優やミュージシャン、画家やアーティストといったクリエイティブな職業に心の底から就きたいと思っていたとします。

ところが、その子の親は自分の人生の社会的な経験から「そういう職業では、社会に出てお金を十分稼ぐことはできない」という制限を与えたり、「将来自分の家族ができたときに、その収入で家族を養うことはできないだろう」というような理屈で説得したりすることが多いと思います。

その子供がこのような親の説得を受け入れたならば、将来は何かの職業を選択することになるでしょう。

でも本来自分がやりたいことと異なる職業に就くことによって、その人は本来の自分ではなくなります。

自分に嘘をついたまま、人生を過ごすことになるのです。

果たして、そんな状態が幸せだと言えるでしょうか。

自分の心や願望を抑え込んで、本来の自分自身ではない状態で人生を過ごすことが。

こうした状態は、ある意味で本来の姿とギャップを抱えることになりますから、それを知らせる注意信号として、もしかしたらその人は病気になってしまうこともありうるのです。

自分の本当の心に聞いて行動することがとても大事だということを理解してください。


すべての思考が情報である

あなたは自分の幸せをしっかりイメージできますか。

自分が心から望む人生のイメージを広げてみましょう。

それがすべてあなたの現実をつくるための情報になるのです。

すべての思考が情報であるということを理解すれば、自分がどんな思考を持つべきかわかってくると思います。

現実がつくられるメカニズムを説明します。

まず、頭の中にイメージが展開され、それを本来の自分が情報として受け取り、それを使って現実が形づくられていきます。

あなたが今持っている思考やイマジネーションが情報という素材になるのです。

ですから、まずは自分の幸せを正しくイメージすることが大事です。

その時に自分が望む幸せを間違えないようにイマジネーションしましょう。

正しい思考をすれば、それが正しい情報になります。

その情報を本来のあなたが引き継いで、実現へと導くのです。

あなたのもっと大きな実態がその情報を得て、実現へ導く。

ですから、そこで間違った情報を与えてはいけないのです。

「私にはそんなことができない」と言った思考は、あなたにとって真実ではない、間違った情報です。

しかし、間違った情報であったとしても、そのまま情報として与えられてしまうと、間違った状態が実現されてしまいます。

つまり「私にはできなかった」という状況が実現されるのです。

私は幸せになるというポジティブな思考は、正しい情報です。

もし間違った情報を多く発していたと気づいたら、正しい情報をどんどん送り出す必要があります。

イメージを広げる練習をしてください。


正しい思考も間違った思考も情報として体に伝わり現れる

思考は、いい思考であっても悪い思考であっても、そのまま情報として伝わる。

これはいいから伝えよう、悪いからやめよう、という善悪のフィルターはないのです。

というのは、悪い方向にイメージしてしまえば、それが現実化されてしまいます。

三人の男の子がいる家庭があったとします。

長男、次男、三男のうち、長男と三男は両親の愛情を強く受けて育ちました。

ところが、上と下に挟まれた次男は、なぜかあまり親から大事にされず、あまり愛情を注がれることなく育てられたとしたらどうなるでしょう。

同じ家庭の中で育ったとしても、おそらく次男だけが「自分の居場所がない」とか、「自分は大事にされていないんだ」という不遇感を持ちながら成長していくことになります。

ところが、愛情を感じることができず、いつも「自分は重要じゃないんだ」という思いを抱えていると、自分への評価や価値観がどんどん悪い方向に植え付けられてしまいます。

人が前向きな行動をするうえで必要なのは、自己肯定感です。

しかし、自分への評価が低いと、それが持てなくなるのです。

自己肯定感が持てないと、あらゆる場面で自分を大切にしない行動をとることになり、その人にとって好ましくない現実が具現化してしまうのです。

悪い思考は、実際にネガティブな状況を生み出してしまいます。

その状況がまた否定的な思考を誘発して、さらなるネガティブな状況へと陥ります。

これが負のスパイラルです。

この状況に陥ってしまうと、なかなかできなくなってしまいます。

ですから自分の思考が現実をつくっているということに早く気がつかなくてはなりません。


ポジティブな言葉もポジティブな思考がなければ意味がない

自分の現実をポジティブに変えていくためには、ポジティブな言葉を使おうとするのは、とてもいいことです。

でも、単なる言葉だけでは意味がありません。

ポジティブな考えを持ちながらその言葉を発しなければ、言葉の持つ力は発揮できません。

言葉と考えが合わさってこそ、ポジティブな現実を作り出す効果が生まれます。

普段の生活の中でも、言葉自体は前向きな意味なのに、それが伝わってこないと感じる場面はありませんか。

心からそう思って発した言葉でなくては、相手の心に届きませんし、きれいな言葉で飾られるほど、上滑りな印象を与えてしまいます。

それと同じことです。

言葉の持つ力というのは、ポジティブな思考を持ってから発することで、効果が出てきます。

あるいは、ポジティブな言葉を発したと同時に、思考もポジティブになったときに、初めて効果が出てくるのです。

言葉そのものをいくらポジティブに言いまわしてみても、同時に、根底にポジティブな思考を持っていないと、それだけでは機能しないような仕組みになっています。

あなたはいつも心からポジティブな思考を持っているでしょうか。

あなたが自分自身のことを、どう思っているのか認識することが大事です。


ポジティブな思考に変換する方法

人生がうまくいっていないと感じている人ほど、たくさんの否定的な考えに支配されていることに気がつきます。

「私はこれができない、できていない」と制限をつけています。

これができれば、幸せになれると条件をつけています。

このことに気がついたら、自分の思考を変えてみましょう。

思考を変えるためのよい方法をお伝えします。

まずあなたが実現したいことを考えます。その願望をどう捉えていくかよく見つめてください。

もしかしたら、「私はこういうことをしなければ、それは実現できない」であるとか「私はこれを実現せねばならな」などと思っていませんか。

それが自分に縛りを与えることになります。

しなければならないことなどないのです。

「せねばならない」という思考を外してしまいましょう。

そして、あなたが心から実現したいと思うなら、「せねばならない」ではなく、「こうしたい」という言葉に変えるのです。

順番としては、「ねばならない」を外して「こうしたい」と思考を変えるその後に、言葉を使います。

「私はこうしたい」と口の出してみるのです。

まず、「正しい思考」を持って、その後に「正しい言葉」を使うことが大切です。

この仕事で成功するんだと、心の底から思ったとき、その思いは本物でしょう。

その本物の「思い」によって、あなたの言葉というのは、より強いパワーを持つのです。

本当に心からそう思っていなければ、ポジティブな表現をしたとしても、その言葉は力を持つことができません。

本当の心の声を聞かずに、真の自分から離れた間違った情報でことを進めていると、結局は行き詰ります。

「やっぱりできなかった、だって最初から乗る気ではなかったから」という結果になります。

自分の心の中でどう思っているかに目を向けましょう。

自分が何を考えているか、どのような思考を持っているかが大事だということです。

その思いに正直な言葉を発してください。

それが自分に正直であるということです。


微笑みは力を持つ

微笑みの力も言葉の力と同じ仕組みです。

本当に心から微笑んでいるのであれば、その笑顔はパワーを発します。

でも、心の中には悲しみや怒りでいっぱいなのに、表面だけの笑顔を見せても、その笑みは力を持っていません。

ですから、まずはいかに自分の内面でスマイルするとか、ということを学ぶことが大切です。

では、自分の内面で微笑むためにはどうすればいいでしょうか。

実はこれは意外に難しいことです。

そのヒントをお伝えしましょう。

あなたにとって心からの微笑みはどんなイメージですか。

こんな情景を思い浮かべてみてください。

私はこの世に生まれたとき、神は微笑んでくれた。

あなたは大きな存在から祝福されている。

すべてが受け入れられている。

この微笑みのイメージを持つことができれば、きっと心から微笑みができると思います。

大切なのは、まず「私は幸せになります」という、決断をすることです。

長い人生の中では、悲しみに浸る日もあるでしょう。

でも、そのブルーな気持ちを表情に出して、周りの人にぶつけてしまったら、その日は決して良い日にはなりません。

ブルーな気持ちを抱いたときでも、自分が幸せに思えることや、笑えることがあるはずです。

その自分が幸せに思える種や自分が笑える種を見つけてください。

悲しみにフィーカスすると、気分がますます落ち込み、悪いムードになってしまいますから。

自分の悪い状況や悲しい状況ばかりに意識を向けず、自分が幸せに思える種や自分が笑える種を見つけることが大切です。


あなたの思考は鏡みたいなもの

あなたの運命とは、あなたの考え、思考の鏡みたいなものです。

自分の奥深い感情の鏡、それは投影しているようなものです。

物質世界というのは、光で立体を現す「ホログラム」のようなものです。

自分の奥深い思考が、この物質世界にホログラムとして投影され、現実と言われるものに形づくられていくのです。

思考がホログラムに投影されるまでに、ちょっと時間差があるだけなのです。

私たちが暮らしているこの地球、現実の世界は、エネルギー密度が高い世界です。

高次元になるにつれて、そのエネルギー密度は低くなります。

エネルギー密度が高いということは、周波数が遅い世界であるということです。

つまり、波長の遅い物質世界で現実化させるためには、時間という要素が必要なのです。

つまり、思考が生まれてからそこにいくばくかの時間が介在して、現実がつくられる。

思考が先にあって、現実がそれに追いつくということです。

頭にアイディアが浮かんだときに、それが実現されるまで、実際に物質化して、現実化するまでにそういう時差があるだけなのです。

鏡みたいなものなのです。


いつも自分が被害者だと思っていませんか

世の中には、何かにつけて自分が「傷つけられた」と感じる人がいます。

何かのせいで、誰かのせいで、自分は損をさせられたという被害者意識に捕らわれている人です。

あなたはそんな考えで頭がいっぱいになることはありませんか?

自分が傷つけられている立場だと思ってしまうと、今の苦しい状況の責任は他人にある、と思ってしまいます。

それは責任を他の人の転嫁しているということです。

意識的にせよ無意識せよ、他人の責任だと認識してしまッたら、自分で責任をとる必要はないという考えに至るでしょう。

自分で責任をとらなくてよければ、その状況を良い方向に変えるための方法やアイディアを、自分の心の内側に問いかけることもしないでしょう。

でも結局、他の人も何もやってはくれません。

自分の内側に問いかけないままであれば、人生に何も良い変化は起きません。

自分の不幸を他人のせいにしながら、ずっと不満を抱き続けるという悪循環に陥ってしまいます。


他人にあなたの人生をつくらせてしまってはいけません

自分に責任がないとして、他の人に責任を押し付ける。

これはとても根の深い問題です。

自分は被害をこうむった側であって、他の誰かが加害者であると認識して責任を転換してしまうと、その人は自分の思い通りに、自分が望む人生をつくり上げることができなくなってしまうのです。

あなたの人生に対して責任があるのは、あなただけです。

あなた自身の人生を、あなたが望むようにつくり上げようとしなければ、結果的に強い影響力を持っている他の誰かが、あなたの人生をつくることになるでしょう。

実際、人を支配したいという考えを持っている人間からすると、自分の影響下におけるわけですから、好都合な存在なのです。

自分が本来望んでいる人生を生きようとしないで、人の操り人形のように生きている人。

夫の言う通り、親の言う通り、周囲の言う通り、深い考えもなく何かあれば人のせいにしたり、こういう人は多いのです。

なぜならば、自分に責任が無い方が楽だと思っているからです。

何かあれば人のせいにしている方が楽だと。

でもそれは勘違いです。

自分の意図する人生ではないということは、あなたにとって本当の幸せがやってこないということです。

ところが、あなたが自分の人生の責任は自分にあると信じることができれば、すべてのことはあなたの手中にあるのと同じことなのです。

あなたはあなた自身の手であなたの人生をつくり上げることができるのです。


病気や事故は自分を見つめ直す機会

ほとんどの人が平穏に毎日を送りたいと思っているでしょう。

病気や事故、災害などは遠ざけたいと願っているでしょう。

病気なるとことが幸運か不運か問われたら、不運に決まっていると思います。

でも不運というだけで終わらないことで、人生を変化させることができます。

病気なってしまったということは、いまあなたが歩んでいる人生が、本来の自分が望んでいたものかどうか見直す機会が与えられたということです。

病気にはそういう意味があります。

つまり、病気は今歩んでいる道が、心の底から望んでいる道ではない、ということを教えているのです。

ですから、もし病気なってしまったら、本当に自分が心の底から望むものは何なのか、そのことを振り返るためのいい機会だと捉えてください。

ところが多くの人は自分の人生を変えることを恐れています。

変化がないことに、安心を感じています。

病気なったことは、いまの自分の人生のあり方を変えるためのいい機会なのですが、なかなか変えようとはしません。

なぜならば、たいていの人は、変わらないものが安全だという願望を抱いているからです。

なるべく多くのお金を得て穏便に暮らす、それが自分を守ることだと。

お金の価値は変わらないと思っているから、それを多く得ることが安全だと思っているのです。

でも、実際は違うのです。

死というもの、肉体の終わりというものはいずれやってきます。

それはお金でどうこうできるものではありません。

そのような変化が必ず訪れることをしっかり理解できれば、そのときどきで最善を尽くすことが大切だということがわかります。

変わることを恐れてはいけないのです。

病気になったことは、人生の中で最善を尽くすために与えられたチャンスだと捉える事が大切です。

不運に思えることは運命を変えるチャンス

悲劇や不運に見える困難な出来事であればあるほど、その人に必要であるということです。

悲劇や不運な出来事は、自分のパーソナリティや魂の成長のための大きなチャンスなのです。

困難や事態に直面したとき、人々は往々にして、「私は不幸だ」「なぜ私がこんな目に遭わなければいけないのか」と思ってしまいます。

そんな反応や思考をするのではなくて、「わかった。私はこの運命を受け入れます。ですからそのために、解決法を教えてください」という思考をするのが適切です。

一般的な反応であれば、「ああ〜! 何でこんなことが自分に起きるの?」「どうして自分にこんな不幸が起きるの?」となるでしょう。

それよりも、発生したその困難な状況を受け入れて、事態を改善するためには何が必要か、解決策は何か、と考えることが大事です。

気をつけなくてはいけないのは、ある悪い現象が起きたとき、悪い現象がさらに大きなスケールで起こってしまうということです。

一般に言うと、悪いことが起きたとき、そのメッセージを無視していると、さらに悪い事が起こってくるという事です。


人は二極性の中に生きている

あなたがこの世に生まれてきた意味と目的を考えたことがありますか。

それは、人間としてのさまざまな経験を通して魂を成長させ、意識そのものを発達させるためです。

その経験の場が、今生きているこの物質世界なのです。

今あなたが現実と認識している物質世界は、つまりこの世は、「ポラリティ=二極性」によって成り立っています。

私たちはこの二極性の中で、自分自身の魂を成長させることを目的に生まれてきています。

二極性とは、善と悪、明と暗、陰と陽、というお互いに引き合っている相対的なものです。

損と得、勝と負、生と死もそうです。

この世は二極がバランスを取り合って存在しています。

この二極は、どちらが良くて、どちらが悪いということではありません。

善と悪ですから、人や文化によって捉え方は違いますし、そのときの状況によって、同じ態度が善になったり悪になったりと変化します。

善を知るからこそ悪を分かることができる。

悪を知るからこそ善を分かることができる。このようにそれぞれの極を知る。

私たちの魂を成長させるためには、この二極性の両端を知り、実際に体験したうえで、その両極の間にいるようにすることが必要です。

この真ん中のを「ニュートラル」と呼びます。

このニュートラルな状態との幸せとは、「すごい!、やった!」と言って喜んでいるような状態ではありません。

こうした感情は幸せというよりも、一時的な興奮状態です。

しかも、常にテンションの高いハッピーな状態にいるというのは、健康な精神状態ではありません。

その反動で極端に落ち込むこともあります。

反対に悲しみやシリアスな状態は悪、ということでもありません。

なぜなら、悲しみなどの感情も人にとって必要なものであり、最終的にいい状態に至るために、体験しなければならないからです。

悲しみの感情に浸り、気が済むまで涙を流すことはとてもいい行為です。

なぜならば、その涙を流した後に心が癒されて、すっきりとしたとてもいい状態になっていくからです。

こうした浄化作用を含めると、悲しみという感情が悪いと言えません。

悲しみの感情を悪と捉えて、悲しみから目を背けたり、悲しんでいないふりをしたりする方が愚かなことです。

それは、二極性の「悪」という観点からのみ、悲しみを捉えていることになり、ニュートラルな状態ではないからです。

強引に蓋をされた悲しみは、無意識の中で膨らんでモンスターのようになり、後になってその人を苦しめることもあります。

感情そのものに「良い」「悪い」はないことを覚えてください。

物事に対しても「正しい」とか「間違い」という判断を下すのではなく、いつもそこに「ニュートラル」を見つけてください。

いつも「正しい」とか「間違い」かといった白黒をはっきりさせることに意識を向けると、自分の中には「真ん中の選択」を見つけることができなくなってしまいます。

人は自分にとって悪い事や、合わないことに対して、一般的に悪いというふうに判断してまいます。

ところが、あなたにとって良いものは必ずしも私にとって良いわけではないのです。

ですから、正しいとか悪いと決めつけるのは問題なのです。


幸せの状態とは真ん中にあります

ニュートラルとは、感覚がない状態とは異なります。

何も感じていないということではありません。

ニュートラルという状態であれば、悲しみはなくなるということではありません。

もし悲しみの体験をしたら、これが自分にとってどのような意味があるのか、自分の心に問いかけてみてください。

あなたの心の奥深いところにとても静かな場所があります。

その中に自分が存在することに気がつくのです。

すると、あなたの人生の中で起きることはどんなものであれ、あなたにとって必要なことだと自然に認識できる状態になります。

それがニュートラルなのです。

たとえその体験が、一般的に言う過酷な状態というような出来事であっても必要なことです。

人生の中ではさまざまな種類の、いわゆる良い体験、うれしい体験や悪い体験、つらい体験があります。

ニュートラルな状態を分からない人は、過酷な事態に直面したとき、どうすればいいの、私はなんて不幸なの、というように動揺したり。

あまりのつらさに打ちのめされたりもするでしょう。

しかし、ニュートラルな状態にいると、すべて体験に対して、それが過酷な事態であっても、その事態を受け入れることができるようになります。

この体験は自分にとって良いのですか、悪いのですかという質問は適切ではありません。

なぜならば、すべての体験というのは、自分にとっては、その人にとっては正しいからです。

それがニュートラルであるということなのです。

あなたが出会うすべての人は、善い人であるとか、悪い人であるとか、そうした属性はありません。

それはあなたが勝手にレッテルを貼っているだけです。

ニュートラルに捉えていくことがそれが人間関係をつくっていく上でも大切なことです。


体験することで幸せを感じられる

例えばいつもニコニコ笑って、決して怒ったりしない人がいるとします。

怒ることは悪と考えて、封印しているのです。

そんな人が、真ん中、ニュートラルに辿り着くためには、怒るという感情を理解しなければいけないのです。

本当に今までに怒ったことのないのであれば、「わっー」と声を上げながら壁をどんどん叩いたり、ベッドに物を投げつけたりして、怒るという感情を実際の体験として理解することが必要になります。

そして、この怒るという感情も、自分という存在の全体の中のひとつの部分だということを知ることが大切です。

それを実際の感覚で理解して初めて、ニュートラルな状態がどういうことなのか、つかめるのです。

反対に、いつも怒ってばかりいる人の場合は、自分が心の底から笑うという勇気を持たなくてはいけません。

心の底から笑う状態というのはどういうものなのかを、自分で体験として理解する必要があるのです。

それによって初めてニュートラルの状態になることができるのです。

怒るであっても笑うであっても、どちらかの状態の是非を言うのではなく、その感情を知るということが大事なのです。

ニュートラルな状態にあるとき、こころはとても静かです。

そして、とても幸せです。穏やかな幸福感で隅々まで満たされている感覚です。


ネガティブな感情は自分の心の中の「悪魔」

仕事いうものは、本来、自分がそれをやりたくてやっているものです。

他人がどんな仕事をしていようが、他の人がどんな成功をしていようが、関係ないはずです。

にもかかわらず、他の人に対して、嫉妬とか憎しみを持つということは「自分が万全ではない」「自分があるべき状況にない」という感情を持っているということです。

たとえ自分が完璧に満ち足りた状態ではなくても、ニュートラルな状態にいることができれば、嫉妬心は起きません。

他の人が社会的に成功している場合に抱く「すごいな!」という思いを、今度は自分をさらによくするためのパワーに変えていくことができるのです。

ここで大事なのは、もし成功した人に嫉妬心を持っているのであれば、自分の中の何が嫉妬を起こさせているのか、自分に問いかけてみることです。

自分の中に宿っているエネルギーを、人と争うために使うのか、自分がさらに前に進んでいくために使うのかは、その人の気持ち次第です。

嫉妬や憎しみという感情は、自分の心の中の「悪魔」みたいなものです。

ですから、その悪魔を、自分で教育していくことが大事なのです。

自分の中の悪魔は、自分の中に宿っている負のパワーを投影した絵のようなものです。

自分自身がこの悪魔を導いて、自分自身に変化を与える本来のパワーに変えていくことが大事です。

自分の中の悪魔を正しく導くことができたら、それはあなたの力となり、どんなことでもできるようになります。

反対に、嫉妬や憎しみの感情でいっぱいのままだと、自分の中の悪魔があなたを引っ張って、主導権を持ってしまうのです。

嫉妬や憎しみも悪い動機に基づいたものです。

ですから、正しい動機に変換して、自分の成長のパワーにすべきなのです。

嫉妬や憎しみという感情の背景には、それを燃やしているエネルギーがあります。

エネルギー自体は良いも悪いもない、ニュートラルな存在です。

つまり問題はその動機、モチベーションだけなのです。

まず、嫉妬や憎しみが、何の役にも立たず、むしろ自分を殺すものとだということを理解してください。

誰もを得ません。

自分も含めて誰もこの憎しみなどの感情によって得ることがないと理解することによってモチベーションが変わって行くのです。

憎しみや妬みによって、何かポジティブなものがもたらされますか?

そう自分に問いかけてみてください。


今かかえている問題は過去から来ています

もしあなたが今何らかの問題を抱えているとしたら、その原因は、「今」にあるのではありません。

「過去」から来ている「恐れ」が、今の問題である状況をつくりだしているのです。

「恐れ」というものは、常に過去の体験からもたらされます。

自分が恐れを抱いた、感じた過去の状況から「恐れ」が湧き起っているのです。

ですから、自分が本当に恐れているものは何か?

どういった点を恐れているのか?を自分に問いかけてみてください。

これまでの経験の中に自分がいつ、どういったこれに類似した体験があるかを思い出して、それを振り返ってみる必要があります。

あなたの人生の中においても「歴史は繰り返す」ものだからです。

同じような問題に、何度も何度もぶつかってしまいます。

あなたにとっては違う出来事だと思えても、本質的に同じ原因をはらんでいます。

ですから、その状況を変えるためには、自分の歴史の中で、どのようなことが繰り返されているのかを知ることが大事です。

その根底にある問題にアプローチすれば、繰り返し起こるトラブルも解決していきます。


HOME | Mind Studyの相談室へ

Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com