Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com
HOME不安の現れ方脳を健康にするバイオフィードバックとは商品案内TリラクゼーションCD
バイオフィードバック・トレーニング想像力を用いる体験ルームご注文・お支払い通信販売法に基づく表記 
 ■ バイオフィードバックとは - 心と身体の自己対話

フィードバックというのはサイバネティクスの用語で逆戻りして命令を修正させる働きをするという意味で、自動的に制御が行なわれるために欠かすことのできない機制であります。

システム(機械や人間)の過去のパフォーマンスの結果をシステムに再投入することによってシステムを制御する方式のことです。

その第1段階は、自分にとって望ましい心理状態になろうと意図することであり、第2段階は、心身の反応を利用してそれを自己確信に移しかえることです。

弛緩訓練の再に現れる生体反応、心理生理反応を外部感覚刺激としてクライアントに戻して(フィードバック)やり生体がそれを認知できれば、このフィードバックはさらにクライアントの心身の反応にコントロール影響を与えるようになります。

その際、自分の心理状態に応じて変化する心身の反応を調べ、それを
音や光に変換する装置や器具たとえば脳波計・心電図・皮膚電気反射測定器・血圧計・筋電図などを使用する方法はバイオフィードバックと呼ばれています。

自分の意識の状態を正確に把握してコントロールする方法がバイオフィードバック法です。

自分がどのような状態で緊張してしまうのか、またはリラックスできるのかを客観的に認識するリラクゼーション法です。


バイオフィードバック法の優れた点は、自分自身で創造するリラクゼーションなのでコツをつかめば日常生活のなかで、その場の環境に左右されずにリラックスすることができるようになるのです。

そのためバイオフィードバック法はプロのスポーツ選手の
メンタルトレーニング法として定着しています。

また、医療先進国ではその効果が高く評価されておりアメリカでは医療のメンタルケアに活用されています。

バイオフィードバック機器を使えば、家庭でもアルファ波を強くする訓練が可能です。

心身症の治療や学習、スポーツの分野での利用ができます。

また、能力開発、自己実現、目標達成など、人間の精神活動の根本的な分野にも使えます。

フィードバックの概念は過去の結果を生体コンピュータに再投入し、かつイマジネーションを用いて現在の経験の結果を生体コンピュータに挿入することによって行為を調整し制御する人間の唯一の手段であります。

フィードバックの効果的な利用と結びつけることによって、初めて潜在的可能性を実現することができるのです。


 
■ バイオフィードバックの活用
 
あなたが抱えるこんな問題を解決することができます!


学習・受験        記憶の定着性も飛躍的に向上し、集中力が増します。
受験の不必要な緊張(面接時のアガリ)が緩和されます。
能力開発・自己コントロールの改善
ビジネス 目標達成のアイディアや意欲が湧き出してきてビジネスを成功へと導きます。 自己開発・やる気、
充実感の向上
スポーツ  大切な試合の前にイメージトレーニングの大切さが指摘されています。不必要な緊張がなくなり集中力を高まり、反射的な動作や合理的な行動を無意識のうちにとります。
集中力のアップ・心理面の強化
ストレス      マネジメント         心も体もリラックスできてストレスが解消され、代謝機能が活性化し、習慣の改善等いろいろな問題を解決します。
ストレス・不安の減少、緊張からの脱出
対人関係 対人緊張・対人恐怖・視線恐怖・赤面症・あがり症・吃音(どもり)
性格改善、対人関係の改善 
身体の症状 自律神経失調症・不眠症・心身症 ・高血圧・手、足の冷え・筋肉の再教育(リハビリ) 身体回復・機能改善

バイオフィードバックトレーニングはどうするの? 次へ