Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com

■ 行動を支配するもの学習
■ われわれの抱いた不安・恐怖心は消去できる


梅干やレモンを見ただけで唾液が出る。
誰でも一度は経験したことがあるでしょう。

しかしながら見ただけであって、口に入れてはいない。
つまりこの時点ではまだ「スッパイ」ことを体験していないのです。



あなたはレモンの写真を見て唾液が出ましたか?

ではどうしてこのような反応がおこるのか?


学習理論について説明していこう。2つに分けられる。

●古典的条件づけ       ●オペラント条件づけ

■ この古典的条件づけの有名な実験に
パブロフの犬ある。
はじめに挙げた梅干やレモンの反応と同様である。 

この実験を見ていこう。

この実験はロシアのパブロフという生理学者が行なったものである。
犬にえさを与えるとき必ずベルの音を聞かせる。
この作業を繰り返すうちにえさを与えなくてもベルの音だけで
犬が唾液をだす反応が認められたというものである。

えさ・・・無条件刺激に対して、唾液がでること・・・無条件反応は自然的なことである。
しかし、ベルとえさの連合から唾液分泌反応にベルがえさの
刺激を獲得する事を古典的条件づけという。

また、ベルの音のみ聞かせ続け、えさを与えないと犬は唾液を出さなくなる。
これを消去という。

条件刺激と無条件刺激がペアになったところで、
全く害のない無条件刺激に対して反応を起こすことを恐怖症という。

恐怖症の一例として、ハンスという少年の例がある。
ハンスは馬に乗っていて落下した経験があった。
そのときに"怖い"という感情をもってしまった為、
馬を見ただけで泣き叫ぶようになってしまった。
つまり、ハンスにとって馬は条件刺激になってしまったのである。


■ オペラント条件づけは、自ら行動し、その行動の結果によって報酬を受け、
強化されて新しい行動を獲得する学習のことをいう。
アメリカの心理学者スキナーはオペラント学習のため、
ネズミ用の「スキナー・ボックス」という装置を開発した。

この実験を見ていこう。

ネズミがレバーを押すと小さなエサ1つだけエサ皿に出てくる。
しかし、そのことを知らないネズミは、箱の中でいろいろな行動をする。
偶然レバーを押す。すると、エサが出てくる。
また、いろいろ行動しているうちにレバーを押し、エサが出てくる。


このレバー押し〜食行動が何回か繰り返されると、
レバーを押すことでエサが得られるという条件刺激〜条件反応が学習される。


オペラント学習実例

水族館のイルカやサーカスのライオンが好例である。イルカが、
驚くような芸をするのはトレーナーが報酬としてエサを挙げているからである。
エサ(プラスの報酬)が、イルカの芸を作り上げたのである。
これは報酬によるオペラント学習の好例である。



また、サーカスのライオンが、本来は火を怖がるはずであるのに、
火の輪をくぐっているのはトレーナーがムチを持っているからである。
ムチ(マイナスの報酬=罰)によって、この芸が作られるのである。
これは罰によるオペラント学習である。





条件刺激によって条件反応が起こる。そのメカニズムが正しいのならば、
条件づけられた不安や恐怖を新しい条件づけによって取り除くことはできるのです。



このことを確かめる実験例をあげてみます。

まず実験には子羊を用いる。一頭の子羊を小屋の中に入れ、暗闇状態を作る。
そこへ突然強い光を子羊に浴びせる。
子羊にとってその光が恐怖を誘発する刺激となり、
一頭でいるとまた光が射すのではないかという不安から一頭ではいられなくなる。


しかし、翌朝親羊を共にさせるという一つの条件づけをすることによって、
安心が生まれ、光を浴びても恐れないようになる。
親羊という安心材料を与えることで一頭でも不安ではなくなるのだ。このように
不安・恐怖反応とは相容れない反応を生じさせることで、不安・恐怖反応は抑制され、
不安や恐怖を誘発していた刺激と不安・恐怖反応の結びつきは衰弱するのである。



不安反応を消去する具体的なプロセスは以下の通りである。

条件刺激(CS)に対し不安反応(UCR)を引き起こすなら、CSとは相反する
条件反応(CR)を引き起こすような脱感作を意図的に起こせばよい。
不安と相容れない、安心やリラックスが生まれるような反応を起こすような
第二の条件刺激を与えると、今まであった不安は解消される



心と身体の緊張の仕組み
入力(思考・情報・刺激)
<ストレッサー>
心の状態・心理的反応(大脳)
脳下垂体・視床下部
内分泌系(ホルモン)・神経系(神経インパルス)
生理的反応・自律機能
リラックスのホルモン 緊張のホルモン
筋弛緩
(リラックス)
筋緊張
満足・安心・興味
(はつらつとした状態)
不満・不安・イライラ
(ぎこちない・しずみがち)
肯定的フィードバック 否定的フィードバック


私たちが意識したこと、あるいは意識できない自律機能は、どのような形で脳から全身に向けて情報が伝えられるのだろうか。

その伝達経路には二つあり、一つは神経系で、神経細胞を通じて電気的な神経インパルスが送られ情報を伝えている。

他の一つは内分泌系で、内分泌腺を刺激してホルモンが分泌されるようになっている。私達の感情は、脳からの信号で情報のメッセンジャーである。

ホルモンが分泌され、それが血液とともに全身の細胞へ送られ、情報を伝える仕組みになっている。

ホルモンの刺激を受けた細胞は、ホルモンの種類に応じた反応を起こす。

神経系による情報は伝達速度が速く、すぐに反応するが持続しない。何かが飛んでくれば俊敏に身をよけることができるのは、神経系の電気信号による。

ところがホルモンによる反応は時間がかかる。血液とともに全身に伝わるにはそれだけ時間が必要です。

ところがホルモンによる反応は、いつまでも持続してなかなかおさまらない。分泌されたホルモンが酵素によって分解されない限り反応は消えない。

予期しない出来事でびっくりしたとき、いつまでも心臓が高鳴り、震えが収まらないのは、たくさんのホルモンが分泌されてしまいなかなか分解されないからです。

たとえば不安や不満を感じたとする。不安や不満に対応する神経回路の信号が交感神経を刺激し、それが交感神経の末梢のある副腎に伝わる。

その結果、副腎髄質からのアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され全身の細胞に情報が伝わる。

アドレナリンやノルアドレナリンの刺激を受けた細胞の中で、骨格筋を構成する細胞は非常に活性になることが顕微鏡観察でわかっている。

不安や不快を感じたときは、その場から早く逃げたり、相手と戦う体制を作っていることが伺える。

ところが、皮膚や内臓、血液、脳などの細胞は活動が抑制されることがわかっている。そうすると判断力は鈍り、皮膚は荒れ、内臓の働きも悪くなる。

バランスをとる筋肉細胞は緊張して動作がぎこちなくなり、毛細血管は収縮して血行が悪く、手足が冷たくなったり、顔色が悪くなったりイライラが募る。

この状態がいつまでも続くと体中に歪みが生じ、それがストレスとなって内蔵や脳の働きに悪影響を与え、心身症や神経症になる。

こんな状態では健康を維持することもできないし、能力も発揮できない。

そのことによってますます不安や不満を感じアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され・・・・・、という悪循環に陥る。





脳は条件反射学習が基本です。
私たちの脳は生物的に見れば未完成で生まれます。
生まれた後に学習によって能力を身につける構造になっています。

幼児期において、どのような環境で育ち、どのような学習をしたかが
人格形成の骨格となるわけです。もちろん、遺伝的な要素もありますが、
生後の学習は遺伝をも超越するくらいの力を発揮します。

何かにつけて不安を感じる人、すぐ緊張したりあがってしまう人、
なかなか思い通りにならない人は、脳が学習してしまったと考えてよいでしょう。

脳にプログラムされたことは消すことはできませんが、
新しいプログラムを脳へ書き込めば、
いずれかは新しいプログラムの方が強くなり問題が解決されていきます。

不安や緊張はリラックスを条件づけることで解消されます。
緊張からリラックスの反射をつくることです。




リラックスをつくる自己訓練器はこちらです。


Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com