■ あなたの心に秘められたすばらしい力、生きがいに富む人生を送る

すべてが手に入る「科学的メソッド」・心の持ち方で毎日の生活が楽しくなる!

強力な精神コントロール法があなたを変えます。

豊かな富、幸せ、成功、人のすみかは心です。人は心の中に生きています。

個人や集団の解決策は、心の中に求めなければなりません。

心の状態は経験として外部に反映されます。

サイバネティックスは自分の心の内面の働きを理解する上で援助してくれ、世の中
で成功するように自分の心を強化、整える足がかりを与えてくれます。

 

***********************************************************************

■ 深層心理下で働いているこの不思議な力  ■ 脳が最も力を発揮する状態への導き方 「アルファ状態の秘密」
 ■ 結果のみが証明するこの”不思議な力” ■ ここまでわかってきた”脳波の正体と働き” ■だれでもすぐに”アルファ状態”になれる ■ こんな”想像”があなたの能力開花を邪魔している・・・・・アルファ波で「仕事を成功させる」法


■ 深層心理下で働いているこの不思議な力

自己コントロールの原理は、「自分がそう信じることは確実に実現する」ということです。

これは一見、難しいことのように見えますが、実はとても簡単なのです。

「自分がそう信じれば、信じたことは確実に実現する」という言葉が意味することを、正しく、本当に理解できれば、あなたの人生はあなたの思うままに、自由自在にコントロールできます。

心が信じるとき、心は一連の理論体系に基づいて働き、その働きは人間が生きていく基本となります。

具体的にいえば、心は自らが信じる情報を受け入れ、信念に相反する情報は拒みます。

そんなことは当たり前だと思うでしょうが、この現象が深層心理においても起こり、それが実は、表面に表れたとき心の動き以上に影響力を持っているのです。

そこに、人の心の不思議な力が隠されているのです。

「心がある現象を真実として受け入れた状態」「確信」と呼んでいます。

たとえば、あなたが、ある食べ物が体によくないと信じたとします。すると、それを食べることによって、あなたの内側で一連の作用が始まるのです。

体内で多くの力が働きはじめます。

いま食べたばかりの食べ物が体に害をおよぼすと信じるあまり、ストレスが蓄積されていきます。

「体に悪い」という「確信」によって、その予期どうり、やがて体はマイナスの作用がもたらされることになるはずです。


■ 脳が最も力を発揮する状態への導き方
 「アルファ状態の秘密」

願望を強化するには、けっして難しいことではありません。願望を自然に強化できる精神的な状態があるはずです。

この状態は、アルファ状態、またはアルファレベルと呼ばれています。

アルファ状態にあるとき、脳には平常時の60%増という。驚くほどの大量の血液が流れ込んでいるそうです。

この大量の血液を受け取った脳は、それを活用して、体のすみずみに運び届ける酸素の量を増やし、その酸素がさらなるエネルギーを生み出します。

つまり、アルファ状態の脳波、平常時以上のエネルギーを蓄え、いつでも何かできる状態にあるのです。

アルファ状態とは、究極のリラックス状態です。というとリラックスした状態なのに、なぜ、より大きなエネルギーが必要なるのか。という疑問を持つ方もあるでしょう。

リラックスしているときは、本来なら、より少ないエネルギーですむと考えられるからです。

最近の研究ではアルファ状態におけるこの旺盛なエネルギーは、願望を達成するためのエネルギーだと考えられるようになっています。

願望が具体性を持ち、無意識下のエネルギーが働くと、その願望が具体化されます。

その最大の理由は、瞑想状態、つまりアルファ状態になると、この旺盛なエネルギーのために思考が盛んになり、すべての計画をプラス思考で見ることができるようになるからだと考えれられます。

プラス思考下で何かを強く望むと、望んだとおりの結果が得られるのです。

アルファ状態の脳を力学的に利用することでパワーを生み出し、それをエネルギーに転換させることができるようになれば、そのエネルギーが磁石のように人を引きつけ、すべてが相乗的に働いて、かつてないチャンスが訪れるのです。

逆も真なりで、アルファ状態でマイナス思考してしまうと、プラス思考の場合と同じように、考えていることが具体化されてしまいます。

つまり、マイナス思考が実現化されるのです。

マイナス思考の場合もやはり磁力が働きますが、ベクトルが反対向きで、結果は、マイナス現象やトラブルを招くことになってしまいます。


■ 結果のみが証明するこの”不思議な力”

脳波の謎が、はっきり解明される日が来るかも知れません。

やがて、脳波は脳波計にとらえられる曲線というだけでなく、脳波にはなにかを創造する力がある、ということが明らかにされるでしょう。

リラックス状態のとき願望を視覚化することで、創像力をきたえることが発見されています。脳波を活用するメソッドを身につけると、明らかに人生がよい方向に変わってきます。

私がこのメソッドをできる限り研究、調査しようと決心したのはトレーニングを終了して生まれ変わった気がするといっている人の存在を知り、実際に何かが起こったのか知りたかったからです。

脳波を活用することで大きな変化が得られるのか、これを正確に解明した人はまだいません。

あるのは、明らかな結果のみ。

ときには、奇跡的といえるような治療が起こったり、急に新しい仕事の話が持ち上がったり、知力が増し、記憶がとぎすまされ、その結果、人間関係のあり方が変わってしまったり、暗礁に乗り上げていた結婚問題や、トラブルの渦中にあった夫婦問題が解決したり・・・・・。

とにかく、ある目標を達成したいと願望することで、必ずそれが実現できるのです。

禁煙したい人はタバコをすわなくてすむようになりますし、体重を減らしたいと思う人は体重を減らせます。このメソッドを身に付けると、習慣をコントロールできるようになるのです。

メソッドを身につけた人々はみなリラックスし、自信にあふれた精神状態になります。


■ ここまでわかってきた”脳波の正体と働き”

脳波のもたらすことに関する研究が進められてきています。しだいに核心に近づいてきていまが、本当の答えはなかなか到達できていません。

科学者は脳波の力を次のように考えています。

まず、願望を視覚化することによって、脳は、状況に見合った周波数で同じようなエネルギーを求めているところに脳波を送り出します。

これは、音楽や音声などを、電波という形に変えて発信する装置と同じメカニズムです。

この場合、伝える側も、電波を音声などに再変換するハードが必要になります。

これと同様に、心によって主観的につくり出された脳波は、共鳴したり、調和したりする他の波動を求めます。

この共鳴、調和は、類似した他の脳波との間でだけ起こるのではなく、ものに変化をもたらすエネルギー波との間でも起こります。

しかし、共鳴、調和が起こるには、同等の周波数であることが必要です。

電波の場合は、圧縮したり拡大したり、スピードを上げ下げしたりして、その音楽を表わす波形の変えて他のものに伝えていきます。

すべての波動(電波、光波、音波など)は、@波長の長さ、A波長の高さ・振幅、B波長が出される速さ・波長の毎秒ごとの量、すなわち周波数の三点を共通要素として持っています。

脳波も同様です。

その長さや振幅、周波数などによって、脳波に対する反応がまったく異なったものになります。また、脳波は、相似した波長に出会うと、それが別の脳波だけでなく、まったく性質の異なったエネルギー波であっても、ある種の適応が起こります。

さらに、視覚化したり、あるいは脳波が表わすものや、出来事を具現するための反応が起こります。

さらに、磁気的に引きつけられる作用が生まれ、それがときとして非常に大きなエネルギーを生み、強力な磁界が形成されます。

こうして十分な力を発揮できるレベルに至ると、初めて具現化が起こるのです。

現実にそれは起こります。

このとき、思考が中途半端だとエネルギーが願望を具現化するにはまだ不十分で、願望は実現されません。

意識上であれ、潜在意識レベルであれ、願望を繰り返し視覚化すると、磁界が生まれてきます。そして、そこで、発せられる磁力が十分な強さになるとエネルギーが放出され、心に思い浮かべていた願望を具現化していくのです。

どんな思考も、その自体がエネルギーを持っています。逆にいえば、エネルギーを持つ思考であれば、その力は思うがままにコントロールできます。

思考によって生まれる力を思うがままにコントロールできれば、自分が望むままの人生を生きられることになります。

そして、その結果、幸福になり、心から満足感を得られるようになるのです。


■だれでもすぐに”アルファ状態”になれる
      
どのようにすれば、自らをアルファ状態に導くことができるのでしょうか。リラックスとは、肉体的にも、精神的にも、ゆったりと弛緩した状態をいいます。アルファ状態とは、自己がすべての中心に置かれており、いうならば、リラックスをはるかに超えた状態なのです。この状態にあれば、どの方向でも、自分が望むがままに動けます。

脳が最も力を発揮する状態へ導くバイオフィードバックで脳波をコントロール

(左図 :バイオフィードバック機でアルファ・トレーニングをしている)

私たちは、普段髪のみだれを直したりお化粧をするときなど、よく鏡を使います。鏡に映る姿を見ながら、髪のみだれを直しお化粧をするということは、いわばフィードバック情報を手がかりにした目的達成へのセルフコントロール(自己制御)といえます。そして、姿を鏡に写すように、こころを写す役割を担うものがバイオフィードバックシステムです。

アルファ波を測定
α波増強される

脳波検出センサー
脳波=アルファ波優勢
感情のコントロール

自律機能回復

前向き・積極的思考
心理的反応
(安心・肯定的)
生理的反応
(筋肉・循環系)
バランスが良い状態
  弛緩・リラックス

アルファ波を
音信号変換
音の回数が増える
心の微妙な違いに
気づき始める
フィードバック

音で知らせる
肯定的
フィードバック


■ こんな”想像”があなたの能力開花を邪魔している・・・・・アルファ波で「仕事を成功させる」法

想像と意志が相反する場合には、常に想像が勝つといわれてきました。

たとえば、あなたがいる部屋の床には60センチほどの幅の板があるとします。これは簡単に歩ける幅です。長さは部屋と同じ。

部屋の長さが5メートルならば、板は幅60センチ、長さは5メートルというわけです。

「この板の上を通って、部屋の端から端まで歩きなさい」といわれたと想像してください。あなたは板の上に乗って、5メートルの距離を歩いていきます。

素直にあなたがそうしたいと考えたなら、板の上を後ろ向きに歩くことも、横向きに歩くこともいとも簡単です。

なぜなら、そこには意志があり、「願望」があるからです。あなたは、板の上を歩きたいから歩いているのです。

この状態では、想像していることが、願望や意思と相反していません。

では、想像と願望の間に葛藤を起こしてみましょう。といっても、条件をたった一つ変えるだけです。

板の長さと幅はそのままで、置かれている位置だけを変えるのです。

さあ、板を空中10メートルの高さに上げてみましょう。たとえば、5メートル離れたビルとビルの間に板を渡したとします。

つまり、5メートル離れた、高さ10メートルの二つのビルのてっぺんに板を渡し、そこを歩いて、一方のビルから他方のビルに移るのです。

板の幅は同じ、しっかりした板です。

さっきと違うのは、たった一つ、板が置かれた高さだけ。

それなのに、あなたは急に怖じ気づいてしまいます。

板を渡ろうとするあなたの意思のなかに、「落下するのではないか」とか、「めまいがするんじゃないか」とか、「胃が痛みそうだ」というようなあらゆるマイナスの想像が入り込み、願望とぶつかり合うようになってしまいます。

あなたの想像力は、板の上に足を踏み出したとたん、起こりそうなありとあらゆることをささやきかけます。

こうした想像が恐れを生み、マイナスの予感をもたらすのです。想像と意思がぶつかり合う場合、勝つのは想像です

それでは板の上を歩きたいという願望を、ビジネスで成功したいという願望に置き換えてみましょう。あなたには何かをしたい願望がある。意思もある。

しかし、どこかにマイナスの想像が潜んでいます。その想像があなたの助けになるのか、妨げになるのか。

これを見きわめなければなりません。

あれこれと想像力を働かせるあまり、思う存分に仕事ができなくなっていることがありませんか。

板が10メートルの高さにあるのは、あなたの想像のなかでのことにすぎません。

想像があなたにとってプラスに働いているかどうか。あなたを助ける力になっているかどうか。これが重要なのです。

毎日の想像が、あなたの仕事を邪魔する要因になっていないかどうか、しっかり検証してみることです。


能力開発について

Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com