”脳”力開発!潜在能力の発見と、新たな自分の構築とスタート



普段の生活では人間は、脳の持っている機能
のほんのわずかしか使っていないと言われい
ます。

自分にはできなことなどないことを身をもっ
て知ることであなたの世界もみるみる変わる


自分を生かすも殺すも、あなたの心掛け次第
です。バイオフィードバックは人間の中にあ
る隠された可能性に出会うカギ



■能力開発のアンケート ■能力開発の願望  ■能力開発への憧れ ■潜在能力の発現


■ 
能力開発のアンケート

ある雑誌の記事で自分の能力についてどのように考えているのかという、ビジネスマン、OL、学生を対象にしたアンケート調査によりますと。

職場や学校などで自分の能力を十分生かせていないという答えが88%ありました。

理由として方法が分からない、忙しくて余裕がない、発揮する機会や場がないなどあります。

開発したい能力がある
という答えは92%もありましたが、実際に試してみたことがあるとの答えは10%しかありません。

さらに試すとしたらどんな方法が良いかに対してはセミナーや講座に参加するが37%ありました。

一方、別に学びたいとか試したいとか思わないとの答えも44%ありました。

これは能力開発の効果や自覚が即効的ではなく、EEG(脳波バイオ・フィードバック・システム)などがなくては目に見えず手に取るように把握することもできず、いまいちハッキリ効果や自覚が分からないとの理由で実際の行動へ移す人は少ないのかもしれません。


自律訓練実習・アルファ波の測定訓練
バイオフィードバックとコンピュータ連結によるアルファ波を測定して、その人の精神生理状態を知る訓練をします。バイオフィードバック機器は人間の心や体の動きの中で、私達の気の付かない内容のものを検出し、認識できる様にするもので、いわば心を写す鏡といえるものです。
この鏡を使うことによってコンピューターで大脳の働きを知り、心をコントロールすることができるようになります。


なかには能力開発、潜在能力、脳力開発、超能力、と聞くだけで、何分にもまだまだ未知の分野だけに、何だか恐いとか不安を覚える人も一部にはあるようです。

そのような人達はそれらの知識についてはあまり深く知らないようで、人から聞いた噂などを鵜呑みにして信じているようでもあります。

そのような人達に能力開発について尋ねると、殆どの場合、誤解していることが往々にあります。


今後、アルファ波を活用して潜在能力を開発する機器への潜在的な需用は見込めると思われます。

つまり、脳力開発は着実に進展していると言えます。

相談者の中には、様々な潜在能力の開発機器を試してみたと言う人も多くあります。

でも、それらの機器を使いこなすのが意外と難しいとも言われました。

それはそれらの機器の特徴をよく把握しないで自分に合った効果的な使用法をしていないことが原因であると思えます。

それでも、半年とか1年くらい使用していると明らかに何らかの心理的な変化に気付くことがあると言われています。


そもそもメンタル面には、良いにつけ悪いにつけ、かなりのタイムラグ(時間的な遅延)が伴いますから、忘れた頃にその作用や効果が現れることも往々にあり、自ら希望した成果や効果をハッキリと自覚できず信じられないと誤解する人も多いようです。

さらに、常に問題意識を持つように心掛けて行動をしないことには、希望したことがフィードバックされることで肝心な作用や効果が、何かのきっかけで現れたとしても気付かずに見逃してしまうこともあります。

場合によっては、当初の目標や希望した能力とは違う能力が得られるという好結果になることもあります。


購入者からの体験報告によりますと、ご本人のほとんどは当初、性格が変わっているとは気付いていないそうです。

性格テストの特性を示すグラフを見られて「信じられない」とか、「予想と違い驚いた」とかの返答が届いています。

でも、その内で職場の人達から「最近あなたは変わったね」と言われたという報告もあります。


体験報告を一例紹介しますと、当初の目標は人の心が読めるようになりたいと思い、能力開発を始めたそうです。

しかし、そのような能力は一向に得られずに、1年程して気が付くと生活面や仕事面を問わずに、直感力や洞察力が付いてきたようで、様々な事象に対して適切な判断や対処ができるようになり、自分でも不思議なくらい仕事に対しては余裕を持って物事を進められるそうです。


つまり、自分を取り巻く周囲の状況が少しづつ好転している様に思われます。と言うことでした。

自ら性格の変化をハッキリ自覚できるようになるには、さらに年月が必要であり成果や効果がハッキリ判らないと言って途中で諦めると元に戻ってしまいます。継続は力なりです。


■ 能力開発の願望

特に訓練しなくてもある朝に起きたら自然に身に付いているといい。とか、別に努力という開発をしなくてもある日に自然に備わることもあるのではないか。

棚ぼた式とか安易に考えている人が案外と多いようです。

要するに自らお金を出して器具を購入したり、トレーニングなどの努力をしてまで潜在している能力を積極的に開発しようとは思っていない人もいるようです。

このような人は今が難なく生きており、チャンスがあれば飛躍しようとしないで、人生を半ば諦めて小さな幸せで平凡に暮らせることを望んでいるのかも知れません。


自分の大切な人生の為に、何の努力も苦労もせずに、単に偶然の出来事や霊能者などの他力に任せたり、自然に運命が改善されて良くなるとか、好運が訪れるようになるという考えは滑稽であり、確かなものではなく今すぐ捨てる必要があります。

自ら努力なしに棚ぼた式に望むことが得られると考えたところで何も起らないでしょう。

だから、世の中には、大成功したり、大富豪の人々はほんの一握り(数%)しか居ないということからもうなずけます。


一番身近な例はお金でしょう。

お金さえ持てばという安易な考えをして、良からぬ事で大金を掴んだとしても、悪銭身に付かずですから真の幸福は永遠に来ないものであり、トラブルが続発して不安が先立って安心もなく豊かな生活は長く続かないものです。


真の幸運を招くには天地の法則に合った生き方が必要であり、たゆまぬ努力と訓練が不可欠となります。

つまり頭だけで解っても行動に移さなければ、何の意義もなく価値も生まれないのです。

昨日よりも今日、今日よりは明日、明日よりも明後日と、よりよい生活を望むのであれば、チャレンジする心構えで何事にも前向きに考えて努力や苦労を惜しまないことが、私たちを前進させる秘訣です。

ある宗教によれば、私たちは魂の向上のために神(大生命)より様々な事象の試練を与えられて、常に自らの思考と行動を試されているといわれます。


■ 能力開発への憧れ

若い人というのはチャレンジする心が旺盛で未知なる潜在能力の開発に憧れます。

私たち人間の持っている能力を引き出すには何といっても先ず勇気が必要であります。

自分自身の言動に自信がない人、何か後ろめたいことがある人は、決まって生気が見られません

しかし、たとえ結果に於いて何かの事物に失敗したとしても、その過程で全力を尽くした人は、すがすがしい心になれるものです。


人は人生上に於いて多くの苦労や困難に直面し、試行錯誤を重ねて、それらを克服した時に一回り大きな人間になれるのではないでしょうか。

そしてその様な
経験が多ければ多いほど、人格的に優れ、人間的にも豊かになれるでしょう

さらに内面の充実に伴い気持ちもすがすがしく、自信に溢れた立派な人間となり、品性も高まり人々から信頼も得られて、幸運な生活へと導かれていきます。


真の能力開発の場は日々の生活の中にあります。

それは特別のものでもなく私達の中に潜在されていても未だ使われてなく、今までにない新たな能力を見つけ出し発揮されることです。

人生上の何かの出来事によって受けた自分の体験を通して、各自におけるレベルの過程の訓練や学習により様々な事柄を一歩一歩と体得することに意義があるのです。


様々な体験を通してのみ成長し向上するのです。成長や向上に伴って本来備わっていた能力が発現するようになるのです。

ですから三次元的な事物である失敗や損失とか困難や苦労などを恐れて、一歩を踏み出さないことには何時までたっても進展はありません。


■ 潜在能力の発現

私たち人間の内には、神秘で不思議な能力が潜在的に宿っています。

その潜在的な能力を多少とも開発し得ている人たちと、殆どと言ってよいくらい開発し得ていない人たちがあります。


その潜在的な能力を開発し得ている人の発揮する能力をよく観察するならば、それは脳髄や感覚器官による知識や技術などとは全然性質の異なる如きものであり、さらにそれを超越するような働きを成し得るのです。

しかし、一般には様々な知識的や常識でがんじ搦めになっていて、
知識の豊富な人ほど信じられないと考えて神秘的な能力は発現しにくいものです


私たちは誰もが潜在的な能力が自己に内在していれば発揮したいと願うのは当然のことでしょう。

人間の能力には精神的な要素を含み、何万倍もの差を生ずるのです。

α波の増強器具で頭脳を活性化し能力開発を行うといっても、誰でも同じような程度にまで脳力アップできるものではありません

例として心身を鍛練し能力を開発するスポーツの世界である、スポーツ医科学センターでは常識になっています。


例えば、身体の筋肉を鍛える場合のことを考えてみます。

人間に秘められた
潜在的な能力の可能性を分かり易い形で見せてくれるのがスポーツの世界です

日々に新記録や新たな技が生み出されています。

筋肉が発揮するパワーは筋力と速度に関係し、力強くて筋肉の収縮する速度が優れていればいる程大きなパワーが出せて機敏な動作も可能となるわけです。

筋肉は頭で命令されて初めて動くわけですから、理想的な形でトレーニングを行っていれば、自己を支配してプレッシャーに強く心理的なレベルの高い人が身体の限界により近いパワーを出せる
ことになります

筋力アップ
のトレーニングにもルールがあるように、脳力アップのトレーニングにもルールはあります。


α波による
脳力開発にしても自分に合ったカリキュラムを考えないと効果は期待できないのです

霊的な能力はスポーツ的な肉体の機能に依存するのと違い、
心や魂による人格や品性のレベルに関わりますから個人差があまりにも大き過ぎるのです

運動能力は様々な測定法も確立されているのに対して、脳力とか心境のレベルは測定法もまだまだ少なくて、未だ確実に知る術もありませんから困難性もありますが、反面、それだけに未知の可能性も多く満ちています。


バイオフィードバックの効果

学習・受験、ビジネス、スポーツ、ストレスマネージメント、人間関係、身体の回復

潜在能力開発の効果

リラクゼーションの効果

●記憶力の増強
●集中力の増強
●思考力の強化
●創造性の開発
●直感力の開発
●イメージ力の強化
●自己開発・やる気、充実感の向上


●精神の安定
●精神的ストレスの緩和
●緊張感・イライラの緩和
●快適な睡眠
●肉体的ストレスの軽減
●身体の回復
●自律神経の機能改善
●自己コントロールの改善


あなたの恐怖心を克服しましょう


Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com