初めての方へ あなたへのメッセ−ジ




 はじめまして、小林 光明(こばやし みつあき)です。ホームページに、ご訪問ありがとうございます。

 インターネット上とはいえ、ご縁を持てましたことに感謝します。歓迎の気持ちでいっぱいです。

 安全策を取ろうとしても、じっと動かずにいて、かえって問題が起きることがあるものです。

 あなたもそんな経験はありませんか?

 本来のありのままを受け止めることです。そして、あせらずにじっと時期の到来を持つことです。

 例えば、こんな話があります。

 ある人がずっと動かずに立っていたら、体にびっしり苔(こけ)が生えてしまいました。

 そこでその人は「体に苔(こけ)が生えてしまった。どうしてこんな目にあうのだろう」と、嘆き悲しみました。

 これはよく考えてみると、おかしな話です。その人の体に苔が生えたのは、その人がずっとじっとしていたからです。つまり、苔の生えた原因は、自分にあったのです。

 下手に動きまわるより、動かずにじっとしている方が安全策だと思っている人、自信のない仕事には手をつけない人がいます。

 そのような人は、失敗してから非難されるのが怖いのです。

 ところが、こうした人の考えた安全策は、必ずしも安全とは言えないのです。失敗を恐れ、非難を恐れ、ただじっと殻に閉じこもっていても、生きている限り何かが起きるのです。


 人はよく「こんな筈(はず)じゃなかった」とつぶやきます。

 長い人生の中で起る様々な出来事にあなたはどのように対処されているでしょうか

 誰でもそうでしようが、無意識の内に様々な問題を無造作に受け止める為に事象を深く考えずに対処し処理しているから、物事が順調に進んでいたり、些細な問題の内は見過ごして何とも思わないものです。

 ところが、何かおかしいと気が付いて手に負えないような大きな何かに躓(つまづ)いた時は、既に複雑な事態にまで進展していて収拾がつかなくなり、このように決まってぼやくものです。

 人は日々の生活の中において、様々な事象を対処するに当り、これは「良かれ」と思い意志を決断しているものです。

 その都度毎に物事が大きいか小さいかの違いはありますが、色々な判断の積み重ねを通して自らの人生を築いて行くことになるのです。


 人は日々の慌ただしい生活に追われていると、知らぬ間に自分の思考が不安定になっているものです。

 ここで大切なことは、様々な事象に対する観方から正しく分析して判断するという基準が確りしていないと、より良く生きるための人生を「見誤る」と言うことが起きます。

 それらの出来事が多く積み重なって年月が経ちますと、とんでもない方向へと知らない内に進んでしまうわけです。「何か変だ」と気づいた時にはすでに遅いものです。


 時には、掛け替えのない大切な命さえも脅(おびや)かされる状況を目の前にする機会もあります。

 人としてより良く幸せに生きるには、人生としての生き方である正しい基準となるべき思想や思考を身に付けるべきです

 あなたにとって掛け替えのない人生に大いなる夢と輝く希望に満ち溢れ、生き甲斐を見い出して有意義で実りの多い生き方を学ぶことから始めないと、バラ色の未来は何時まで待ってもやって来ないでしょう。

 何があっても常に主体性を持ち、自ら解決して行こうとする心構えで、人生の正しい目標と正しい目的を心にしっかり抱き、それを成し遂げるための方法にも誠を尽くして進むことが良策であり、本来の人としての生き方なのです。

 このように清らかでプラス思考の状況である場合に、私たちに良いヒントを与えてくれるものです。ですから、精神世界に目覚めて自己啓発に努めている人は幸せであるといえます。


 私たち人間には、何にも(何事も)無いような安易な人生はないものです。

 また、神仏とか誰かに保障されたという人生なんてあり得ないでしょう。安心や安定や幸せだけで過ごせるような人生もないものです。

 人として誰もが避けて通りたいような失敗とか悲しみや苦しみも辛さもない人生なんてどこを探してもないでしょう。

 本当に人生には挫折や敗北や困難があれば、反面に楽しさや嬉しさや満足など色々な出来事が入り乱れて次々と起こってくるものです。

 ある人は「人生は芝居である。自分を何に演じるかによって決まるのである」と言っています。

 あなたは自分が今、ここに生まれてきたのは何のためなのか、と思うことはありませんか?

 今が楽しい気分だからとか、幸せだからといって必ずしも未来は洋々たる人生とは限らないでしょう。今が不自由なくて難なく生きられるからと現状に甘んじていませんか。

 時には自分にとって今、何が一番大事なのかと、考えたことありますか。日々の生活で雑事に心とらわれることなく、自分に今、何が課せられているのか、そろそろ気付く頃だと思いませんか?


 あなたも「我が人生に悔い無し」となれるように、何があっても恐れずに第一歩を踏み出そうではありませんか。あなたは一人ではありません。

 家族を始め友人も同僚も皆が側に居てくれるから、自分の夢に向かって頑張って行けるのではないでしょうか。

 過去となった自分の生まれた状況が悪かったとか、子供時代の境遇が悪かったなどと何時までも嘆(なげ)いたり、それに捕われることなく、本当は日々の生活でどういう想いで過ごしどのような生き方をしてきたかというプロセスが重要であり、そこに人生の意義があるのです。

 そのためには人として生きるために正しい思考を持つようにすることが一番に大事でしょう。

 それは正しい考えこそが正しい想いと正しい知恵と正しい判断が湧くようになり、そして正しい行動もできるからです。

 日頃から事ある度に自分の内面的な個性を知っておくことと、感性を磨いておくことで、自ら持っている素質を最大限にまで高められます。

 そして、脳力を発揮できるチャンスを見い出すことで、心に抱いた夢に近づけます。

 自己の感受性を高めておりますと、日々の出来事の中で意外な自分の適性を発見することもあるでしょう。

 さらなる向上には自己を省(かえり)みる時間を持つことで自己開放をして内在する脳力を統合し活用することもできます。


 マイナス的な発想をする人は、よく「困難な出来事や問題に出会うと何もかもが音を立てて崩れていくような気がする」とか、「夢なんか、とっくの昔に消えちまったよ、俺の人生はどっかで狂っちまった」とぼやくものです。

 一方では消極的な発想で「自分は誰にも求められていないとか、期待されていないように思う」という人もおります。

 誰もが長い人生の間に時には落ち込んだり、キズつきながらも何かの経験を通して一歩一歩と前進しているものです。

 特に過去の体験で強いプライド意識を持っていると、それが様々な事象の中で何につけ足枷(あしかせ)となり行動が出来ないこともありますから、潔くプライドを捨てて生きるという覚悟も必要でしょう。

 人は誰もが、未来への夢を何か描き、夢を追い駆け追い求め、夢を叶えるために日々努力しているといえます。

 ところが、描いた夢を実現させられなかった人に限って、過去を振り返った時によく「あの時、もう少し我慢しなかったのか、とか、何でもう少しだけ我慢できなかったか、そのことだけが、いつも頭の中をよぎり、悔やまれる」という人もいます。


 人は慌ただしい日常の現象に捉われることなく、何があっても常に自分を省(かえり)みる時間を持つことで、自分が現実に置かれた立場をよく見つめないと、本当に自分に合った夢も描けないし、困難に出会うとすぐに挫けて、理想すらも求められないものです。

 自分が出会う様々な事象に対して常によく見つめて、何であるか分析することで把握し理解して、いつも何かを決めなければならないでしょうし、今すぐにやれる事柄はやっておくことも大切なことです。

 やろうと思ったことは忘れない内にすぐに実行するという習慣を持つようにする
と、悔やむことも少なくなるでしょう。

 プラス的な発想をする人は、苦労なしで難なく生きるとか、何のトラブルもない平々凡々な人生より、いろんな事象(困難)があったからこそ、色々なことを学び、それが切っ掛けで今の自分の力量を知り、自分の境遇を知り、家族との絆をも取り戻すことが出来たという人もいます。

 目標という夢に描いた自分に成り得ることが大切ではなくて、それに近づいて行こうと努力することが、人生にとって本当の意義があるということを知るのも大切です。

 人生とは心の学習をする過程を指し人格を高めることが目的なのです。


 長い人生の中で、何か大きな出来事の災害や事件事故などの切っ掛けで、今までとは環境も境遇も全く異なるような別の世界に生きることになる人もあるでしょう。

 でも、そのような人は過去とは異なる世界に生きることで、今までとは違う別の角度から人生を見つめられるわけですから、高次元的に観れば二つの人生を生きたようで幸運なことだと言えます。

 しかし、その人にとって別々に生きたニつの世界観などの人生体験を生かすのは、自分の心次第であるのです。

 つまり、自分の人生をどう見つめどう受け取り受け容れるかによって、生き方は勿論のこと、目的や意義が違ってくるといってもよいでしょう。

 何といっても経験は人生にとって最高の財産だからです。

 仕事や日常生活に於いて不都合な出来事や、混乱状態が起こって来たとき、その問題に触発されて混乱してしまった心の状態で、何とかそれを収拾しようと思考しても恐らくは一層混乱がひどくなるばかりになることでしょう。


 何故なら、自分をとり巻くこの現象世界は心の展開であり、心が混乱すればするほど、その現れとしての世界は混乱に陥るしかないからなのです。

 そのような時に私たちは混乱せる現実の状態から一時的に心を一転して、平静なる状態を瞑想によって心に思い描くことが大切なのです。

 それには自分の心の波長を大自然の生命と合わせた一体感から、自然界の調和や秩序の波動を吸収して自分を取り戻し、周囲の現象世界に自然の持つ動きが自分に調和と円満とを現すように進展して来るのです。

 この世界はキリストの云われたように「汝の信ずるごとく汝にまで成る」世界であり、釈迦の云われたように「唯心所現」の世界ですから、自分の心に想う通りに展開して行く世界なのです。

 心的要素が因になって、それが形の世界に具体化したのです。解決する良い方法は、静かに過去の自分の心の持ち方を反省してみてそこに欠点を見い出したならば、直ちに心の持ち方を心機一転し改めることが大切です。


 このホームぺージは私が実践したバイオフィードバックについて述べてあります。不安・緊張・恐怖・悩みからの脱出のきっかけになります。現状の打開策になります。

 ホームページを読み、簡単な教えを実行することにより自分が考えてもいなかったほどの能力を身につけていることに気付きます。無理のない実現可能な未来の軌跡を描くための、現実自己把握の方法です。

 もし、あなたが今現在、解決策がなく、思うように能力を発揮できていない状態だとしても、決して諦めないで下さい。自分を信じ、行動し続ければ、必ず花は咲きます。

 今がチャンスと考えて、フィードバック法を応用し、問題を解決出来る能力を身に付けておくことをお薦めします。


 ここまで、話をお読みくださってありがとうございます。こうして、あなたと出会えたことを本当に嬉しく思います。是非とも、一緒に成功しましょう。


バイオフィードバックトレーナー 小林 光明 

 こちらからホームページをお読みください

Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com