医学博士(大星 光史) ・ 推薦の言葉






新潟県生、東北大学卒、富山医科薬科大学退職、医学博士、日本医
史学会、現代俳句協会、日本歌人クラブ会員、日本文芸研究会役員

主な著作:「大伴旅人」(岩波書店) 「良寛と会津八一」(角川書店) 
「文学に見る日本の医薬史」(雄渾社) 「漂泊俳人」(世界思想社) 
「日本文学と老荘神仙思想の研究」(桜楓社) 「日本の仙人たち」
(東京書籍) 「老荘神仙の思想」(プレジデント社) 「天と人の寓話」
(中央アート社) 「歌人の風景」(恒文社) 「放浪の詩人」(木耳社)
「歌人たち」(明治書院) 「EM農法」(扶桑社) 「プロポリスとローヤル
ゼリーの医学」(ヘルス研究所) 「医療思潮の歴史的変換」(日本医
史学会) 「帯津良一・寺澤捷年両氏との対談共著」(考古堂書店)
「古代日本の生命倫理と疾病観」(思文閣)他。










やさしく ゆたかに生きる


                                自然治癒研究協会会長
                                         医学博士 大星光史



現代は病める時代です。心も身体もです。いかにしたらよろしいのでしょう。社会・環境が悪い、人間がわるい、相手・会社・学校・家庭が良くない、理由はいくらでもつきます。衣・食・住すべてに目を配る必要があります。

わが子への虐待・いじめ・登校拒否・自閉・犯罪・自暴自棄・・・と数えればきりがありません。それでいて帰る所は個人、自分です。一人ひとりの自覚、個の確立と救済、幸せへとつながる以外に道がないとの結論に達します。

長年、教師あるいは勤務の大学付属病院の患者さんと接しながらそれなりに模索してきました。すると精神、心の豊かさが、心身の健全さにとても大切なことに気づきました。当然のことと言えばそれまでなのですが、なかでも脳波、アルファ波、リラックス、正しい生き方、希望、すぐれた目的の設定、こうした内容がどうしても基本となりましょうか。

著者個人は若いときから禅や瞑想に親しみ、いかにアルファ波の生活が素晴らしいか。脳波、リラックスが心身・対人関係、日常の諸行動にきわめて深い影響を及ぼすかを身にしみて実感しております。アルファ波、自律神経の調整は心と健康に思いがけない立ち直りを与えることでしょう。

さりとて今から禅を瞑想をと言われても途惑う人も多いかと思われます。機縁があってさる方を通じ、α波発生の機器に接するチャンスがありました。一ヶ月間の試みの末にとてもよろしいのではとの評価となりました。

聞けば、スポーツ選手の能力開発や心身症の改善のためアメリカではかなり広く使用されているとのことです。また、多くの落ち込みや失敗、コンプレックス、苦悩の末の自殺寸前、自他でどうする事もできなかった状態から、脱出・更生の人々も多数と聞いております。遊び感覚、ゲーム気分でリラックス、瞑想の楽しさを味わえる面白味もありそうです。

どうかより活力に富む人生を自らの手で築いて見てください。遅くとも半年、一年後は期待通りの成果が上がっている例も多いようです。あきらめず、自分で自分を癒し、前向きの姿勢でコツコツと取り組んで見てください。

やがては自己の長所、生きること、未来の明るさ、将来への展望や、新しい設計も見えてくるかもしれません。積極的には潜在能力の開花による学習能力、スポーツ、生活、性格改善、身体機能のコントロールとさまざまな分野の可能性もあると思います。

すでにスポーツ科学センターや各大学、研究所、病院、警察、教育の諸施設等で購入し、使用例も多いようです。どうか自らをやさしく豊かに立ち直らせ、世の中の役に立つ人間として再出発できたら、これほど素敵なことはないでしょう。

成功を祈ります。




HOME

Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com