Mind Study   TEL : 0258−53−6245   Eメール: mitsuaki-koba@nifty.com

あなたを蝕むストレスの正体


どんな時にストレスを感じますか?

今、世界中でストレスの研究が加速しています。

生理学、心理学、脳科学など様々な研究者がストレスの解明に挑んでいます。

そもそも、ストレスを受けたときに体の中では、どのような反応が起こるのでしょうか。

ストレスへの体の反応を調べると反応したのは扁桃体とう場所です。

扁桃体は脳の中央に近い場所にある、アーモンドの形をした部分です。

恐怖や不安を感じたときに活動する場所です。ストレスを受けたとき、最初に反応するのは脳にある扁桃体です。

恐怖や不安を感じたとことをきっかけに扁桃体から反応が体全体に広がっていきます。

ひとたび扁桃体が働くと体の複数の場所が活発に活動し始めます。

扁桃体から指令を受けた副腎はある物質を分泌し始めます。ストレスホルモンと言われるものです。

ストレスホルモンは心拍数を増やす働きがあります。血液を固まりやすくするなどの作用もあります。

もう一つ扁桃体の指令で活発に反応する部分があります。全身にはりめぐらされた、末端の血管まではりめぐらされている自律神経です。

自律神経は興奮するとぎゅっと締め上げ、血圧を上昇させます。

ストレスを受けたときに扁桃体に働きかけるのをきっかけに、全身で起こる様々な体の反応、これがいわゆるストレス反応です。


何故このような仕組みが備わっているのか?

狩猟をしていたころに迫ります。獰猛な天敵ばかり、必死に戦ったり、逃げなければ、生き伸びることはできませんでした。

そのときに威力を発揮したのがストレス反応です。心拍数が増加したり、血圧が高くなるのは、瞬時に体を動かせるように全身の血のめぐりを良くする仕組みです。

ストレス反応は私たち祖先が命をつなぐために大切な体の機能だったのです。

天敵がいなくなった現代、命の危険にさらされる心配はありません。

ところが体の中では、恐怖や不安を感じる仕組みが残ったままなのです。

天敵相手に働いてた仕組みが、精神的な重圧を感じたときに働くようになりました。

これが私たち現代人の体の中に起こっているストレス反応なのです。


単なるストレスが人の命を奪うキラーストレスになるのでしょうか?

精神的に追い打ちをかけることが、ある忙しいのが重なったとき、仕事の忙しさに加え、睡眠不足、親戚との葬式など複数のストレスがかかったとき、脳出血し、命の危機に陥ることがあります。

最近の研究では複数のストレスが重なったとき、単なるストレスが命を奪うキラーストレスと変貌することがわかってきました。ストレス反応の暴走です。

ストレスが加わっても、一つの原因だけなら、ストレス反応はすぐに収まります。

しかし、複数のストレスが加わると、副腎から分泌されるストレスホルモンがとめどなく溢れ、体の中に大量に蓄積、すると心拍数が増加、血圧が非常に高い状態に陥ります。

血圧の上昇に耐えられず、もし大動脈が破裂すれば、死に直結します。血管の破裂が脳で起こると脳出血に陥ります。

さらに心臓に新たなダメージをもたらすメカニズムが明らかになってきました。これには自律神経の異常が考えられています。

あまり複数のストレスが重なると末端の欠血管をを締め上げる。自律神経が興奮状態に陥り、誤って心臓の血管の筋肉まで締め上げしまうのです。

ストレスホルモンが心拍数を増すように働き、自律神経は心臓の筋肉の血管を締め上げる。

この真逆の反応が同時に起こったとき、心不全を起こす可能性が明らかになりました。ストレスは警告なしに心臓発作を引き起こし、心不全を招きます。

複数のストレスが重なったとき、ストレス反応の暴走が起こり、体は破綻してしまうのです。

心臓や脳の病気だけではありません。

日本人の死亡原因のがん、ストレスがかかったとき、がんが急速に進行するメカニズムが初めて明らかになってきました。

鍵を握っているのが免疫細胞です。がん細胞を攻撃し、増殖をくい止める働きがあります。

ATF3遺伝子は免疫細胞を普段はスイッチが切れた状態で眠っています。

ところがストレスホルモンが増加し、免疫細胞を刺激すると免疫細胞のATF3遺伝子のスイッチが入ります。免疫細胞はがん細胞の攻撃をやめてしまいます。

ストレスホルモンが減れば、ATF3遺伝子のスイッチが切れ、再びがんを攻撃します。

体の中のストレスホルモンが多い状態が続くとスイッチは入ったまま、免疫細胞は働かず、がん細胞の増殖に歯止めがかからなくなるのです。

慢性的にストレスを抱えていると免疫そのものを変えて、がんを悪化させる引き金となるのです。


あなたは大丈夫、ストレス社会と心の病あなたの恐怖心を克服しましょう